コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若者宿 わかものやど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

若者宿
わかものやど

若者組本拠とする建物村内有力者の家などにおかれるのが普通であったが,なかには専用の建物をもつところもあった。また,未婚の青年たちが合宿する寝宿であったところと,寝泊りはせずに,単に集会所として使用したところがあった。若者宿の頭や宿親の指導,監督のもとで,若者たちは,夜なべ仕事のかたわら,村人として知らなければならない知識や技術を学び,また娘宿の女子とも交流して結婚の準備を整えたりした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

わかもの‐やど【若者宿】

若者組に属する青年が集まったり寝泊まりしたりする家。若衆宿泊り宿。泊り屋。→娘宿

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

わかものやど【若者宿】

若者宿という呼称は,(1)若者組の集会所,(2)若者たちの宿泊所,またはたむろする家屋,の双方に対して用いられる。(1)は若者組には必ず付属し,常設と臨時の2種があるが,一般的には民家の一部を借用するもので,ただ単に宿(やど)と呼ばれることが多かった。四国では専用の建物をもつ地域があったが,専用の施設が普及したのは明治以降,若者組が青年会へ変貌したのちのことである。そのほか,庵(あん)とか社務所公会堂公民館などを使用する所もあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

わかものやど【若者宿】

若者組が宿泊や集会に用いる場所。独立した建物の場合もあるが、多くは村の大きな家の一部屋を借りた。若衆宿。 → 娘宿

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の若者宿の言及

【男子集会所】より

…メラネシアや西アフリカには,男子が女子供を秘儀によって排除する秘密結社ないし男子結社が発達しているが,それらは呪術的な彫刻や装飾を施したりっぱな男子舎屋をもっている。他方,年齢集団がつよいインド東北部のアッサム地方のように,青年男子の若者宿が成人男子すべての集会所になっている場合も多い。一般に女子の立入りは厳禁だが,北米インディアンのようにクラブ化した秘密結社の集会所では,このタブーは緩んでいる。…

【年齢集団】より

…典型的な年齢階梯制は東アフリカのシャリ・ナイル語系,クシ語系の牛牧民やその周辺のバントゥー語系の農耕民にさまざまな変差でみられるが,もちろん,アフリカ以外の部族社会にもひろく分布し,日本も含め若干の文明社会にも散見される。 少年は思春期になると,家族とくに母親や他の女性から厳格に隔離され,若者宿に集団的に寝泊りし,激しい肉体的試練や部族の伝統について年長者から教育をうけるとともに,軍事行動や労働力の主体として長期間その役割を果たす。この間,成女式を終えた娘や寡婦と多少の性交渉をもつが,結婚は青年階梯を経過するまでは許されない。…

【毛遊び】より

…若者が夜,外に出て遊ぶ風習は各地にあったが,毛遊びはまとまった野外の集いの形をとっているところに特色がある。若者や娘が仲間どうしで寝泊りする若者宿や娘宿の習俗の一形態で,一人前と認められる15歳ごろから結婚するまでの間参加する。娘宿のあった村では,若者が娘宿へさそいに来て,いっしょに毛遊びに行ったという。…

※「若者宿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

若者宿の関連キーワードアッサム諸族カニカール族ミクロネシアスウェーデン男子集会所もうあそびゴンド族通過儀礼バナル族ナーガ族年齢集団毛遊びしつけ寄宿舎兄弟分リー族夜なべ民具漁村若衆