コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオダイ あおだい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオダイ
あおだい / 青鯛
Japanese snapperblue fusilier
[学]Paracaesio caerulea

硬骨魚綱スズキ目フエダイ科に属する海水魚。小笠原(おがさわら)諸島、神奈川県三崎(みさき)近海、伊豆諸島、南大東島、和歌山県沖、高知県沖、パラオ海嶺(かいれい)、吐(とから)列島、南西諸島、台湾、東沙(とうさ)群島などに分布する。体は楕円(だえん)形でやや側扁(そくへん)し、後頭部は膨出しない。口は小さく、上顎(じょうがく)の前端は下顎の前端よりも前に出ない。体は美しい紫青色で、頭の下面と腹部は銀白色である。普通は背びれ軟条が10本で、最後の軟条は長く伸長しないのがこの類の特徴である。日本からアオダイ以外にウメイロ、ヨゴレアオダイP. sordida、シマアオダイP. kusakarii、ヤンバルシマアオダイP. stoneiの4種が知られているが、尾びれの後縁は深く二叉(にさ)し、中央部に欠刻(切れ込み)がないことでウメイロおよびヨゴレアオダイと、主上顎骨に鱗(うろこ)がないことでシマアオダイと、そして体側に褐色横帯がないことでヤンバルシマアオダイと異なる。全長50センチメートルに達する。水深100~350メートルの岩礁域に群生し、深海延縄(はえなわ)や一本釣りによって漁獲される。奄美(あまみ)諸島や沖縄諸島では漁獲量が多く、水産業上重要な食用魚で、東京都では高級魚として取引される。肉は淡紅色を帯びた白身で、刺身、焼き物、煮物にすると美味である。[赤崎正人・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアオダイの言及

【ウメイロ】より

…暖海性で伊豆七島,小笠原,和歌山県,島根県以南に分布し,100~200mくらいの深さの岩礁にすむ。 ウメイロ属にはほかに全身が淡紫青色のアオダイP.caeruleus,体側に幅の広い横帯が見られるシマアオダイP.kusakarii,尾びれ両葉がかなり長い稀種(きしゆ)ヨゴレアオダイP.sordidusがある。いずれもウメイロ同様暖海性で深い岩礁にすむ。…

※「アオダイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アオダイの関連キーワードシマヘビ(縞蛇)アオダイショウシチューマチシルシチュー山口県岩国市ニシキヘビスジオヘビシロマダラシマヘビうわばみシロヘビシュウダ里回り鼠取り鼠捕り黒焼き白蛇

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android