コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカシデ あかしで

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカシデ
あかしで / 赤四手
[学]Carpinus laxiflora (Sieb. et Zucc.) Bl.

カバノキ科の落葉高木で、高さは15メートル以上になる。樹皮は滑らかで、灰白色、若枝は紅色を帯びる。葉は長さ3~7センチメートルで、側脈は10~15対あり、若葉のときには紅色を帯び縁には細かい重鋸歯(じゅうきょし)がある。雌雄同株で、春に芽が開くと同時に開花する。果穂は長さ4~10センチメートルで、包葉はややまばらにつく。果穂の包葉の基部には、やや幅広の米粒大の堅果を抱く。北海道南部から九州まで分布し、山地の森林内に普通にみられる。材は、床柱、傘の柄、下駄(げた)、紡績木管などに用いる。名は、新葉が赤く、果穂を四手(しで)(注連縄(しめなわ)などにつける紙)に見立てたもの。[菊沢喜八郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアカシデの言及

【クマシデ】より

…同属のサワシバC.cordata Bl.はクマシデによく似るが,葉は広卵形で,基部は明らかな心形となる。アカシデC.laxiflora (Sieb.et Zucc.) Bl.,イヌシデC.tschonoskii Maxim.は樹皮に縦の割れ目があるが,細かくはげることはない。葉は披針形で側脈数も10~15対で少ない。…

※「アカシデ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アカシデの関連キーワード東京都西多摩郡日の出町大久野城ヶ森鉾尖県立自然公園東京都西多摩郡日の出町シデ(四手)イヌシデ日の出町四手・垂四手の木小四手四手木本四手女四手赤曽呂金四手真四手シデ四手朝鮮

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android