コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカスジチュウレンジ

百科事典マイペディアの解説

アカスジチュウレンジ

膜翅(まくし)目ミフシハバチ科の昆虫の1種。体長8mm内外,頭部は黒色で腹部と胸部はだいだい色。胸部に黒斑がある。翅は暗色で半透明。日本全土に分布。幼虫は20mm内外で黄白色,バラの葉を食べる害虫として知られ,浅い土中で蛹化(ようか)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アカスジチュウレンジ【rose argid sawfly】

膜翅目ミフシハバチ科に属する昆虫。日本に広く分布するハチで,バラの害虫として知られる。成虫の体長8mm内外,頭部は黒色,胸部および腹部は黄褐色で,胸部に黒斑がある。翅は暗色半透明。卵は淡黄橙色,楕円体状。幼虫の体長20mm内外。頭部は黄褐色,体は緑色で背面および側面に毛のはえた小黒斑がある。年3~4回発生で春から秋まで見られる。成虫の雌は,バラの新梢に頭部を地面に向けてとまり,新梢の上方より下方に表皮組織を縦にさき,その間に数十粒の卵を2列に産卵する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アカスジチュウレンジの関連キーワードチュウレンジバチ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android