コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカスジチュウレンジ

2件 の用語解説(アカスジチュウレンジの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アカスジチュウレンジ

膜翅(まくし)目ミフシハバチ科の昆虫の1種。体長8mm内外,頭部は黒色で腹部と胸部はだいだい色。胸部に黒斑がある。翅は暗色で半透明。日本全土に分布。幼虫は20mm内外で黄白色,バラの葉を食べる害虫として知られ,浅い土中で蛹化(ようか)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アカスジチュウレンジ【rose argid sawfly】

膜翅目ミフシハバチ科に属する昆虫。日本に広く分布するハチで,バラの害虫として知られる。成虫の体長8mm内外,頭部は黒色,胸部および腹部は黄褐色で,胸部に黒斑がある。翅は暗色半透明。卵は淡黄橙色,楕円体状。幼虫の体長20mm内外。頭部は黄褐色,体は緑色で背面および側面に毛のはえた小黒斑がある。年3~4回発生で春から秋まで見られる。成虫の雌は,バラの新梢に頭部を地面に向けてとまり,新梢の上方より下方に表皮組織を縦にさき,その間に数十粒の卵を2列に産卵する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アカスジチュウレンジの関連キーワードコバチ膜翅類癭蜂土蜂葉蜂姫蜂五倍子虫鼈甲蜂蜜蜂西洋蜜蜂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone