コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカハネムシ Pseudopyrochroa vestiflua

世界大百科事典 第2版の解説

アカハネムシ【Pseudopyrochroa vestiflua】

甲虫目アカハネムシ科の昆虫(イラスト)。体長12~17mm。北海道,本州,四国,九州のほか,千島,サハリンなどにも分布する。北海道や本州東北部を除いて,おもに山地の森林に生息する。5月ごろから出現し,夏の間,森林の葉上や倒木上に見られる。アカハネムシ科Pyrochroidaeは世界から100種余りが,日本からも20種ほどが知られている。アカハネムシを含めて,この科には上翅のみが赤色で,体が黒色のものが少なくない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカハネムシ
あかはねむし / 赤翅虫
[学]Pseudopyrochroa vestiflua

昆虫綱甲虫目アカハネムシ科に属する昆虫。日本全土に分布し、森林地帯に多い。体長15ミリメートル前後。体は黒色で平たく後方へ広がる。上ばねが赤くて赤毛を密生し、触角がくし歯状に分枝する。成虫は6~7月に多く、花や葉上にみられ、幼虫は扁平(へんぺい)で、倒木の皮下にすむ。近似種は日本に約10種おり、頭のくぼみや突起にそれぞれ特徴がある。アカハネムシ科cardinal (fire) beetles/Pyrochroidaeに含まれる種類は、世界で百数十種が記録されているが、日本には18種が分布する。幼虫は朽ち木の皮下にすみ肉食性。成虫には円筒形のものもある。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アカハネムシの関連キーワードベニヒラタムシ(紅扁虫)土色天鵞絨虫背黒赤翅虫姫赤翅虫鬼赤翅虫穴赤翅虫並赤翅虫赤翅虫

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android