コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクラビク Aklavik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクラビク
Aklavik

カナダ,ノースウェスト准州西部の一集落。マッケンジー川三角州の西端に位置する。 1912年,ハドソン湾会社が毛皮交易所を設置した。イヌイット (エスキモー) の言葉で「クマのいる場所」の意。気象観測所,無線局のほか,アングリカン・チャーチの司教区がおかれている。わずかな穀物,野菜が栽培され,トナカイ飼養が行われている。住民の一部は,55年に,凍上現象がひどくなり,居住困難となったため 53km東寄りのイヌビクに移住した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アクラビク
あくらびく
Aklavik

カナダ北部、ノースウェスト・テリトリーズ北西部にある集落。マッケンジー川左岸近くに位置し、空港があり、下流のイヌビクとともにこの地方の物資交換所となっている。人口632(2001)。夏は7月中旬から9月中旬までの2か月間で、汽船が通じるこの期間を利用し、周辺でトナカイの遊牧を営むイヌイットが集まって交易を行う。[山下脩二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アクラビクの関連キーワードマッケンジー地区

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android