コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクリル絵具(読み)アクリルえのぐ(英語表記)acrylic color

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクリル絵具
アクリルえのぐ
acrylic color

画材の一つ。石油から合成されるアクリル樹脂のエマルジョン (乳化液) を重合させて作る。正しくはアクリル・ポリマー・エマルジョン絵具という。第2次大戦後ドイツで研究され,1950年代にアメリカで商品化された。今日では油絵具と同様広く作家に使われている。発色が良い,退色しにくい,速乾性がある,水に溶けるが乾くと耐水性となる,大画面の平塗りに適している,強固な被膜ができるため優れた耐候性・耐薬品性を持つ,などの特性がある。一方,色数色彩のコク,粘度などの点で,まだ改良されるべき部分もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アクリル絵具【アクリルえのぐ】

アクリル樹脂媒材として開発された絵具。従来の油絵具に比べて乾燥が速く,グロス(艶)を出すメディウムやマット(艶消し)のメディウムがあるなど,油絵具とは異なる特性があり,1950年ころから米国で大量に使用されるようになった。当初は発色や色数の点で油絵具に劣るともいわれたが,改良が重ねられた結果,現在では多くの人びとに使われる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アクリル絵具の関連情報