コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサヒダイ

2件 の用語解説(アサヒダイの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

アサヒダイ

 [Pagellus bellottii].スズキ目タイ科の海産魚.20〜30cmのものが多い.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アサヒダイ
あさひだい / 旭鯛
[学]Pagellus bellottii

硬骨魚綱スズキ目タイ科ヨーロッパダイ亜科に属する海水魚。アフリカ北西岸とくにカナリア諸島周辺の大陸棚や沿岸に分布する。体は長楕円(ちょうだえん)形で側扁(そくへん)するが、マダイよりも細長い。両あごの側部には弱小な2列の臼歯(きゅうし)があり、両あごの前部の犬歯が4対以上ある。また、臀(しり)びれ軟条が10本あることがこの魚の特徴である。全長30センチメートル余りに達する。体は美しい桃赤色で、小青色点が散在する。1960年(昭和35)ごろからアフリカ北西岸において日本の大型底引網船が大量に漁獲し、一時は日本の中・小形の冷凍タイはこのアサヒダイで代用されたほどであった。現在は体長も小形化の傾向で、入荷量も少ない。商品名をサクラダイとすることがあるが、サクラダイの和名は、すでにハナダイ科の魚に使用されており、この名は適用できない。近縁の魚にニシキダイがある。[赤崎正人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone