コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシハラガニ アシハラガニ Helice tridens; marsh crab

3件 の用語解説(アシハラガニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アシハラガニ
アシハラガニ
Helice tridens; marsh crab

軟甲綱十脚目モクズガニ科。甲は幅 3.5cmほどの四角形。眼窩の下縁に雄は 16~18個,雌は 32~34個の顆粒が並び,これを鋏脚の稜とすり合わせて音を出す。青森県から沖縄県,台湾,中国沿岸までの河口の湿地帯にすみ,特に草原に多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アシハラガニ【Helice tridens】

河口付近にすむ甲殻綱イワガニ科のカニで,青森県から沖縄まで分布するほか,韓国と台湾からも記録されている(イラスト)。甲幅は約3.5cm。甲はわずかに横長の四角形で,胃域,心域,鰓域(さいいき)が明らかである。甲の前側縁に三つの切れこみがある。眼窩(がんか)下縁に沿って雄では16~18個の顆粒(かりゆう)状突起が1列に並んでおり,はさみ脚の長節内縁にある稜とこすり合わせて発音する。大部分が灰緑色で,甲の縁やはさみ脚などは淡黄色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アシハラガニ
あしはらがに / 葦原蟹
marsh crab
[学]Helice tridens

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目イワガニ科に属するカニ。青森県以南、沖縄、朝鮮半島、台湾に分布する日本近海の固有種。河口の湿地帯にすみ、アシ原にとくに多い。甲幅3.5センチメートルほどの四角形で、体に厚みがある。眼窩(がんか)外歯の後方に大きな歯が二つ、痕跡(こんせき)的な歯が一つある。眼窩下縁に沿って雄では16~18個、雌では三十数個の顆粒(かりゅう)が一列に並び、はさみ脚(あし)の長節にある稜(りょう)でこすって発音する。体は暗青緑色で、甲の前側縁と、はさみは黄色を帯びている。この属には日本、朝鮮半島、中国北部、台湾から8種が知られ、主として発音器官の違いで区別される。南日本にはヒメアシハラガニH. wuanaがみられ、沖縄にはリーチアシハラガニH. leachiiが多い。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アシハラガニの関連キーワードアカテガニベンケイガニ岩蟹琵琶蟹赤手蟹葦原蟹精進蟹イワガニ(岩蟹)コブシガニ(拳蟹)サワガニ(沢蟹)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アシハラガニの関連情報