コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスパラギナーゼ アスパラギナーゼasparaginase

翻訳|asparaginase

2件 の用語解説(アスパラギナーゼの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アスパラギナーゼ
アスパラギナーゼ
asparaginase

アスパラギン (略号 Asn) のβカルボキシル基アミドとして結合したアミノ基加水分解アスパラギン酸 (Asp) とアンモニアにする (L-Asn+ H2O →L-Asp+ NH3 ) 酵素。動植物組織,微生物に広く分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アスパラギナーゼ(asparaginase)

アスパラギンアスパラギン酸アンモニア加水分解する酵素白血病リンパ腫などに対する抗腫瘍効果をもつことが知られる。また、毒性が強いアクリルアミドの生成を抑えるはたらきがあるため、食品添加物として用いられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アスパラギナーゼの関連情報