コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アセーエフ Nikolai Nikolaevich Aseev

2件 の用語解説(アセーエフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アセーエフ【Nikolai Nikolaevich Aseev】

1889‐1963
ソ連邦の詩人。リゴフ保険外交員の家に生まれた。モスクワの未来派グループ遠心分離機〉の詩人として,象徴派の影響の下に出発。処女詩集《夜のフルート》(1914)には,フレーブニコフの影響が認められる。国内戦時代はウラジオストクで詩集《爆弾》(1921)を発表。1923年,文学上の師マヤコーフスキーらと共に文学団体〈レフ(芸術左翼戦線)〉に加わった。《セミョン・プロスカコフ》(1928)などの一連の物語詩,詩集がこの時期を代表する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アセーエフ
あせーえふ
Николай Николаевич Асеев Nikolay Nikolaevich Aseev
(1889―1963)

ソ連の詩人。1913年から詩を発表し、象徴主義未来主義の影響を受け、のちマヤコフスキーに認められて雑誌『レフ』の主宰者となる。詩風はマヤコフスキーに影響を受けダイナミックで戦闘的だが、内面的叙情詩や思索的作品も多い。代表作は叙事詩『セミョン・ブロスカーコフ』(1928)、『マヤコフスキーうたいはじめる』(1950)など。[草鹿外吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アセーエフの関連キーワードソ連ソ連邦ロシア連邦競呉服南ア連邦気屯ВяткаПетродворецオリゴフィリックオリゴファイア

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone