コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アタックス アタックス Attucks, Crispus

3件 の用語解説(アタックスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アタックス
アタックス
Attucks, Crispus

[生]1723頃
[没]1770.3.5. ボストン
アメリカで 1770年に起こったボストン虐殺事件の群衆の指導者の一人。逃亡奴隷ともいわれる黒人。イギリス兵に殺された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

アタックス

株式会社マミーズマーケットが展開するディスカウントストアチェーン。主な出店地域は九州地方

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アタックス
あたっくす
Crispus Attucks
(1723?―1770)

1770年3月5日のいわゆる「ボストンの虐殺」で、イギリス兵の銃弾に倒れた最初のアメリカ植民地人。彼は1750年ごろに主人のもとから逃亡し、当時はボストンで船乗りをしながら植民地の反英民衆運動に積極的に参加していた黒人逃亡奴隷で、先住民(アメリカ・インディアン)の血も混じっていたという。植民地の独立と自由のための闘いでの最初の犠牲者が黒人であったということは、独立革命戦争においてアメリカ黒人が果たした歴史的役割を象徴的に示している。1888年には、ボストン・コモン(ボストン中心部の公園)のなかに、彼に続いて命を失った4人の愛国者もともにたたえて、クリスパス・アタックス記念碑が建てられた。[本田創造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アタックスの関連キーワード西村正邦Nエヌ頃・比没・歿勃・歿・没三角数n-3脂肪酸Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アタックスの関連情報