コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アダムソン アダムソン Adamson, Robert

3件 の用語解説(アダムソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アダムソン
アダムソン
Adamson, Robert

[生]1852
[没]1902
イギリスの哲学者,哲学史家。カント研究者として著名。カントの批判的立場を受継いで,批判的経験論ないしは実在論を提唱した。主著"On the Philosophy of Kant" (1879) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アダムソン

英国の写真家。スコットランド生れ。1841年カロタイプに興味を持ち,その技術を学ぶ。1843年エディンバラに写真スタジオを開業。同年よりヒルと共同でカロタイプによる肖像写真撮影を開始する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アダムソン【Joy Adamson】

1910‐80
イギリスの作家。オーストリアの生れ。アフリカに渡ってケニアの狩猟監視官の妻となり,雌ライオンを育てた記録《野生のエルザ》(1960)で世界的に有名になった。画家としても優れ,民族画,動植物画の傑作が多く,大部分はケニアの国有財産になっている。晩年は自然保護活動に傾倒,エルザ野生動物基金を設立するとともに,野獣の飼育実験も行い,《いとしのピッパ》(1969)などの作品がある。1980年1月にケニア北部のシャバ野生生物保護区のキャンプヒョウの野生復帰実験中,使用人によって殺害された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アダムソンの関連キーワードイギリス領西アフリカ民族会議シュレジエン戦争オーストリア併合オーストリーオーストリアン・バロック・カンパニーノーストリリアオーストリアワインオーストリアン・スムース・ブラッケイギリス領西アフリカオーストリア美術

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アダムソンの関連情報