コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アチェ州

1件 の用語解説(アチェ州の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アチェ州

王国として栄えたが、19世紀末から20世紀初頭にかけてオランダの植民地に。1949年のインドネシア独立時にその一部となったが、文化の違いや「豊富な石油、天然ガス中央政府に搾取されている」という反発から「自由アチェ運動」が76年に独立を宣言して国軍と軍事衝突。国軍に殺害、誘拐された民間人を含め、1万5千人以上の死者・行方不明者が出た。2004年にはスマトラ沖大地震による大津波でアチェ州だけで16万人以上が犠牲に。05年、和平協定が成立し、大幅な自治権を獲得した。

(2012-10-19 朝日新聞 朝刊 教育1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アチェ州の関連キーワードガウルナポリ王国ニトラベナン土耳古ベルエポックドーソンシティーБургасテラビタレントゥム

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アチェ州の関連情報