アチック・ミューゼアム(英語表記)attic museum

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アチック・ミューゼアム
あちっくみゅーぜあむ
Attic Museum

常民文化研究所の前身。1933年(昭和8)まで東京・三田綱町(現、港区三田2丁目)の渋沢敬三邸内ガレージの屋根裏に置かれ、郷土玩具(がんぐ)を収蔵していたが、同年、独立した研究室を建て、正式にこの名称を用いるようになった。アチックは屋根裏の意である。同人には早川孝太郎、高橋文太郎、宮本馨太郎(けいたろう)らを迎え、研究対象を「民具」と規定して、その収集に努めた。初代管理責任者は村上清文、のちには礒貝(いそがい)勇がなった。民具と民俗の記録の出版を行い、『アチック・ミューゼアム彙報(いほう)』『同ノート』の刊行数は数十冊に達した。刊行責任者は高木一夫。第二次世界大戦時に財団法人となり常民文化研究所と改称した。[小川 徹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアチック・ミューゼアムの言及

【渋沢敬三】より

…一方,大学在学中から穂積陳重,石黒忠篤,柳田国男などの影響を受けて,文化の基層を,支配階級を除いたごく普通の庶民すなわち常民の文化に求め,とくに漁業関係の社会経済史料に注目した。1921年にはアチック・ミューゼアム・ソサエティ,25年にはアチック・ミューゼアム(のち日本常民文化研究所と改称)を自邸の物置の2階に開設し,同好の士と民具や民俗資料の研究ならびに収集保存をはじめた。32年には祭魚洞文庫,漁業史研究室を開設し,漁業水産関係の文献の収集,漁業史の研究につとめるなど民間研究所の主宰者として,既存のアカデミズムの枠にとらわれない自由な発想のもとに,ほとんど官学の手をつけない分野を対象とした民俗学,民具学や漁業史の領域で先駆的役割を果たした。…

【日本常民文化研究所】より

…1925年渋沢敬三により設立された,民具・民俗資料の収集・研究,漁業・水産史の研究を中心とした民間研究所。初め,渋沢邸(東京深川)の物置の2階に生物の標本,郷土玩具などの民具を集め,同好の士と研究をはじめたことから,アチック・ミューゼアム(屋根裏博物館)と名づけられた。42年,官憲の干渉・詮索が著しくなったため,英語の研究所名から日本常民文化研究所と改称された。…

※「アチック・ミューゼアム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アチック・ミューゼアムの関連情報