コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッピアノス Appiānos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アッピアノス
Appiānos

2世紀のギリシア歴史家アレクサンドリアの生まれ。その著『ローマ史』 Romaika24巻は,特に前1世紀のローマ内乱の史料として貴重。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アッピアノス【Appianos】

1世紀末ごろアレクサンドリアに生まれた著作家生没年不詳。ローマ市民権を得てローマに移住,法律家として活躍し,皇帝の役人となる。老年になってローマの対外征服を取り扱った歴史書《ローマ史》24巻をギリシア語で著した。各巻は民族別の記述で構成され,一部が現在まで伝わっている。ローマ〈帝国主義〉の賛美者であり,共和政期の諸事象に批判の目を向けるが,第13~17巻の〈内乱記〉は共和政末期の激動時代の貴重な史料である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アッピアノス
あっぴあのす
Appianos

生没年不詳。古代ローマ、2世紀のギリシア人歴史家。エジプトのアレクサンドリア出身。出身市の都市官職を務めたのち、ローマ市民権と騎士身分を与えられ、ローマ市に移住した。法廷で弁護人として活動し、皇帝マルクス・アウレリウスの師フロントーの推薦で皇帝領属州の管理官の地位を得た。晩年に、戦争中心の24巻の『ローマ史』を著した。そのうち、12巻余りが残っており、共和政末期の内乱の史料として重要である。[島田 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アッピアノスの関連キーワード島田

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android