コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッピアノス アッピアノス Appiānos

3件 の用語解説(アッピアノスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アッピアノス
アッピアノス
Appiānos

2世紀のギリシアの歴史家。アレクサンドリアの生まれ。その著『ローマ史』 Romaika24巻は,特に前1世紀のローマ内乱の史料として貴重。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アッピアノス【Appianos】

1世紀末ごろアレクサンドリアに生まれた著作家。生没年不詳。ローマ市民権を得てローマに移住,法律家として活躍し,皇帝の役人となる。老年になってローマの対外征服を取り扱った歴史書《ローマ史》24巻をギリシア語で著した。各巻は民族別の記述で構成され,一部が現在まで伝わっている。ローマ〈帝国主義〉の賛美者であり,共和政期の諸事象に批判の目を向けるが,第13~17巻の〈内乱記〉は共和政末期の激動時代の貴重な史料である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アッピアノス
あっぴあのす
Appianos

生没年不詳。古代ローマ、2世紀のギリシア人歴史家。エジプトのアレクサンドリア出身。出身市の都市官職を務めたのち、ローマ市民権と騎士身分を与えられ、ローマ市に移住した。法廷で弁護人として活動し、皇帝マルクスアウレリウスの師フロントーの推薦で皇帝領属州の管理官の地位を得た。晩年に、戦争中心の24巻の『ローマ史』を著した。そのうち、12巻余りが残っており、共和政末期の内乱の史料として重要である。[島田 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アッピアノスの関連キーワードアレクサンドリア学派アレクサンドリア教校アレクサンドロスカタリナアレクサンドリア文庫アレクサンドリアの大灯台アレクサンドリア(クラブ)アレクサンドリア・アド・カウカスムアレクサンドリア詩《アレクサンドリア四重奏》

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone