コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アテナ・ニケ神殿 アテナ・ニケしんでんAthena Nike

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アテナ・ニケ神殿
アテナ・ニケしんでん
Athena Nike

ギリシア,アテネのアクロポリスに建つプロステュロス (全面前柱式) の小神殿。カリクラテスの作と伝えられ,イオニア式の柱頭をもつ。紀元前5世紀後半の建造と考えられる。長らく解体されたままになっていたが,1935年から 40年にかけて再建された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アテナ・ニケ神殿
あてなにけしんでん

勝利の女神ニケに捧(ささ)げた古代ギリシアの神殿。アテネのアクロポリスの南西端に建つ小神殿。建築家カリクラテスの設計で紀元前427年ごろ起工し、前424年ごろ完成。プランは正面5.4メートル、側面8.3メートル、前面背面に4本ずつ柱を配した四柱式イオニア式神殿である。勝利の女神ニケは一般に有翼であるが、これはニケ・アプテロスNike Apteros(翼のないニケ)ともよばれていた。これは、勝利の女神がアテネから飛び去らないように、市民が女神の翼を切り取ったからと伝えられる。神殿を取り囲む堡塁(ほるい)の欄干は「サンダルの紐(ひも)を解くニケ」など女神を表す美しい浮彫りで飾られていた。[前田正明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アテナ・ニケ神殿の関連キーワードエルギン・マーブルアクロポリス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android