コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アテナ・ニケ神殿 アテナ・ニケしんでん Athena Nike

2件 の用語解説(アテナ・ニケ神殿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アテナ・ニケ神殿
アテナ・ニケしんでん
Athena Nike

ギリシア,アテネのアクロポリスに建つプロステュロス (全面前柱式) の小神殿。カリクラテスの作と伝えられ,イオニア式の柱頭をもつ。紀元前5世紀後半の建造と考えられる。長らく解体されたままになっていたが,1935年から 40年にかけて再建された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アテナ・ニケ神殿
あてなにけしんでん

勝利の女神ニケに捧(ささ)げた古代ギリシアの神殿。アテネのアクロポリスの南西端に建つ小神殿。建築家カリクラテスの設計で紀元前427年ごろ起工し、前424年ごろ完成。プランは正面5.4メートル、側面8.3メートル、前面背面に4本ずつ柱を配した四柱式イオニア式神殿である。勝利の女神ニケは一般に有翼であるが、これはニケ・アプテロスNike Apteros(翼のないニケ)ともよばれていた。これは、勝利の女神がアテネから飛び去らないように、市民が女神の翼を切り取ったからと伝えられる。神殿を取り囲む堡塁(ほるい)の欄干は「サンダルの紐(ひも)を解くニケ」など女神を表す美しい浮彫りで飾られていた。[前田正明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アテナ・ニケ神殿の関連キーワードアクロポリスアクロポリス美術館パルテノンイロドアティコス音楽堂アクロポリウムアクロポリス〈ロードス〉パルテノン神殿エルギン・マーブルズカライスカキスアテネのアクロポリス

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone