コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アデノシン二リン酸 アデノシンにリンさん adenosine di-phosphate

2件 の用語解説(アデノシン二リン酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アデノシン二リン酸
アデノシンにリンさん
adenosine di-phosphate

略称 ADPアデニル酸のリン酸基に,さらにリン酸が付加した化合物 C10H15N5O10P2 で,アデノシン三リン酸 ATPとは ATP+リン酸 ( + エネルギー) ⇔ ATPという反応で関係し,解糖で基質の分解から生じるエネルギーや,呼吸における電子伝達で得られるエネルギーの受取手となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アデノシン二リン酸
あでのしんにりんさん

すべての生物に存在する化学物質で、アデニンリボース、2分子のリン酸より構成される。ADP(adenosine diphosphate)と略記する。ADPはATP(アデノシン三リン酸)から1分子のリン酸が失われたものであり、ATPの分解産物であるが、同時にATP補給のための材料として重要である。たとえばミトコンドリアでは、食物を簡単な物質に分解していくときに放出されるエネルギーを利用して、また葉緑体では光のエネルギーを利用して活発にADPのリン酸化が行われ、ATPが生産されている。このようにADPは、いろいろな形で存在していたエネルギーをとらえて新しくつくられるATPのなかに固定し、生物が有効に利用できるようにする役割をもつ。ATPからADPとリン酸への加水分解は、高エネルギーの放出を伴い、生物はこのエネルギーを利用して、筋肉の収縮などさまざまな仕事を行う。[笠井献一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アデノシン二リン酸の関連キーワードアデニル酸アデノシン一リン酸ADPグアニル酸アデノシン一燐酸アデノシン5'一リン酸アデノシン一リン酸デアミナーゼデオキシアデニル酸プリンヌクレオチドリボヌクレオチド

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone