コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アデノシン二リン酸 アデノシンにリンさんadenosine di-phosphate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アデノシン二リン酸
アデノシンにリンさん
adenosine di-phosphate

略称 ADPアデニル酸のリン酸基に,さらにリン酸が付加した化合物 C10H15N5O10P2 で,アデノシン三リン酸 ATPとは ATP+リン酸 ( + エネルギー) ⇔ ATPという反応で関係し,解糖で基質の分解から生じるエネルギーや,呼吸における電子伝達で得られるエネルギーの受取手となる。また中間代謝物質Xを ADP-Xの形で結合して,合成反応を促進することもあり,リン脂質の合成などにその例をみる。 ADP ⇔ ATP+リン酸 ( + エネルギー) の反応で,分解の際エネルギーを生じうるが,このエネルギーが直接に生体活動に利用される例は少い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アデノシン二リン酸
あでのしんにりんさん

すべての生物に存在する化学物質で、アデニンリボース、2分子のリン酸より構成される。ADP(adenosine diphosphate)と略記する。ADPはATP(アデノシン三リン酸)から1分子のリン酸が失われたものであり、ATPの分解産物であるが、同時にATP補給のための材料として重要である。たとえばミトコンドリアでは、食物を簡単な物質に分解していくときに放出されるエネルギーを利用して、また葉緑体では光のエネルギーを利用して活発にADPのリン酸化が行われ、ATPが生産されている。このようにADPは、いろいろな形で存在していたエネルギーをとらえて新しくつくられるATPのなかに固定し、生物が有効に利用できるようにする役割をもつ。ATPからADPとリン酸への加水分解は、高エネルギーの放出を伴い、生物はこのエネルギーを利用して、筋肉の収縮などさまざまな仕事を行う。[笠井献一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アデノシン二リン酸の関連キーワードエネルギー代謝ポリADP-リボースシンテターゼADPリボシルトランスフェラーゼADPリボースキナーゼイノシン酸血小板ATPアデノシン三リン酸ATPアーゼ

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アデノシン二リン酸の関連情報