コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アデノシン二リン酸 アデノシンにリンさんadenosine di-phosphate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アデノシン二リン酸
アデノシンにリンさん
adenosine di-phosphate

略称 ADPアデニル酸のリン酸基に,さらにリン酸が付加した化合物 C10H15N5O10P2 で,アデノシン三リン酸 ATPとは ATP+リン酸 ( + エネルギー) ⇔ ATPという反応で関係し,解糖で基質の分解から生じるエネルギーや,呼吸における電子伝達で得られるエネルギーの受取手となる。また中間代謝物質Xを ADP-Xの形で結合して,合成反応を促進することもあり,リン脂質の合成などにその例をみる。 ADP ⇔ ATP+リン酸 ( + エネルギー) の反応で,分解の際エネルギーを生じうるが,このエネルギーが直接に生体活動に利用される例は少い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アデノシン二リン酸
あでのしんにりんさん

すべての生物に存在する化学物質で、アデニン、リボース、2分子のリン酸より構成される。ADP(adenosine diphosphate)と略記する。ADPはATP(アデノシン三リン酸)から1分子のリン酸が失われたものであり、ATPの分解産物であるが、同時にATP補給のための材料として重要である。たとえばミトコンドリアでは、食物を簡単な物質に分解していくときに放出されるエネルギーを利用して、また葉緑体では光のエネルギーを利用して活発にADPのリン酸化が行われ、ATPが生産されている。このようにADPは、いろいろな形で存在していたエネルギーをとらえて新しくつくられるATPのなかに固定し、生物が有効に利用できるようにする役割をもつ。ATPからADPとリン酸への加水分解は、高エネルギーの放出を伴い、生物はこのエネルギーを利用して、筋肉の収縮などさまざまな仕事を行う。[笠井献一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アデノシン二リン酸の関連キーワード5'リボヌクレオチドクレアチンキナーゼクレアチンリン酸フォスファーゲンフォスファターゼクラブツリー効果酸化的リン酸化エネルギー代謝アロステリーヌクレオチドATPアーゼ水素伝達系ミッチェルマンノース光リン酸化イノシン酸アミロース窒素固定デンプンアクチン

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android