アドリアノープルの戦い(読み)あどりあのーぷるのたたかい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アドリアノープルの戦い
あどりあのーぷるのたたかい

ゲルマン民族大移動の発端をなす西ゴート人と東ローマ軍との戦い。東方からのフン人の進出に追われた西ゴート人は東ローマと盟約を結び、376年ローマ領モエシアに移住。しかしローマ官吏の圧迫に反抗してトラキアに侵入、378年アドリアノープルAdrianople(現在のトルコ領エディルネ)で東ローマ軍を破り、皇帝ウァレンスを戦死させた。次の皇帝テオドシウスは381年盟約を復活、西ゴートのトラキア定住を認めた。

[平城照介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android