コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフラク アフラク `Aflaq, Michel

3件 の用語解説(アフラクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフラク
アフラク
`Aflaq, Michel

[生]1910. ダマスカス
[没]1989.6.23. パリ
シリアの政治理論家,政治家。ソルボンヌ大学で教育を受け,マルクス主義に接近。 1940年統一,自由,社会主義を目指すバース党を創設。 1949年教育大臣。バース党の書記長および理論的指導者として影響力をもち,1955年共産党と協力して党勢を伸ばしたが,右翼の反動を恐れてエジプトとの連合に尽力し,1958年アラブ連合共和国を成立させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフラク
あふらく
Michel Aflaq
(1910―1989)

シリアの政治家、政治思想家。バース党の創設者。ダマスカス生まれのギリシア正教徒。パリに留学し、帰国後教員となる。1940年代にビタールalal-Dn al-Birとともにバース党を創設、1965年まで書記長を務めた。1949年文相。1963年バース党が政権を掌握したあと党内の文民・穏健派を指揮したが、1966年2月文民急進派と軍人グループにより党を追われレバノン、ブラジルに亡命。1969年イラクに招聘(しょうへい)され、その後バグダードを拠点とするバース党パン・アラブ指導部の書記長となる。その後の大半はベイルートに滞在するが、1975年にレバノン内戦が勃発(ぼっぱつ)するとイラクに移住した。主著に『バースのために』がある。[木村喜博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アフラクの関連キーワードかすかす子供騙し騙かすダマスカス門騙くらかすマスカスタマイゼーションオールドダマスカスダマスコダマスカスのダマスカス大学日本語学科

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone