コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフラク アフラク`Aflaq, Michel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフラク
`Aflaq, Michel

[生]1910. ダマスカス
[没]1989.6.23. パリ
シリアの政治理論家,政治家。ソルボンヌ大学で教育を受け,マルクス主義に接近。 1940年統一,自由,社会主義を目指すバース党を創設。 1949年教育大臣。バース党の書記長および理論的指導者として影響力をもち,1955年共産党と協力して党勢を伸ばしたが,右翼の反動を恐れてエジプトとの連合に尽力し,1958年アラブ連合共和国を成立させた。 1966年2月クーデターで逮捕され,のち亡命。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アフラク

ミシェル・アフラク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフラク
あふらく
Michel Aflaq
(1910―1989)

シリアの政治家、政治思想家。バース党の創設者。ダマスカス生まれのギリシア正教徒。パリに留学し、帰国後教員となる。1940年代にビタールalal-Dn al-Birとともにバース党を創設、1965年まで書記長を務めた。1949年文相。1963年バース党が政権を掌握したあと党内の文民・穏健派を指揮したが、1966年2月文民急進派と軍人グループにより党を追われレバノン、ブラジルに亡命。1969年イラクに招聘(しょうへい)され、その後バグダードを拠点とするバース党パン・アラブ指導部の書記長となる。その後の大半はベイルートに滞在するが、1975年にレバノン内戦が勃発(ぼっぱつ)するとイラクに移住した。主著に『バースのために』がある。[木村喜博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アフラクの関連キーワード[各個指定]芸能部門APEC[各個指定]工芸技術部門舟崎克彦スペースシャトル飛行記録突然変異レーザレーダ追突警報装置木島始ナショナル・センター新聞小説

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android