コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフリカ経済委員会 アフリカけいざいいいんかいEconomic Commission for Africa; ECA

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフリカ経済委員会
アフリカけいざいいいんかい
Economic Commission for Africa; ECA

国際連合の経済社会理事会 ECOSOCに属する地域経済委員会の一つ。 1958年エチオピアアジスアベバに設置。原加盟国はエチオピア,エジプトなどアラブ5ヵ国,およびリベリアガーナギニア南アフリカ連邦とイギリス,フランス,ベルギー,スペイン,ポルトガル,イタリアの計 16ヵ国。 ECAは,アフリカ開発銀行をはじめ多くの国際組織を生み出し,アフリカ統一機構 OAUとは 1965年に協定を結び,アフリカ連合 AU発足後は AUと協力している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アフリカ経済委員会【アフリカけいざいいいんかい】

Economic Commission for Africa(略称ECA)。国連経済社会理事会の下部機関で地域経済委員会の一つ。1958年設置。アフリカ諸国の経済的・社会的・技術的な開発のため調査と援助を行う。国連加盟のアフリカ諸国で構成。本部はアディスアベバ
→関連項目アディスアベバアフリカ開発銀行

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフリカ経済委員会
あふりかけいざいいいんかい
Economic Commission for Africa

国連経済社会理事会の下部機構の一つとして、1958年4月29日の国連経済社会理事会決議671Aにより設立された地域委員会。略称、ECA。アフリカ地域の経済開発、経済協力の促進を目的とし、同地域の経済・社会開発のための調査研究を行ったり、適宜勧告を行うなどの活動を続けている。2017年時点で、アフリカの国連加盟国である54か国が加盟している。本部はエチオピアのアディス・アベバ。総会、各種大臣会議、技術的準備全体委員会、専門分野別補助機関のほかに、アフリカ経済開発計画研修所、アフリカ横断道路調整委員会、アフリカ人口学者会議、アフリカ統計家会議などの下部機構があり、アフリカ開発銀行(AfDB)とも深い関係を有している。[横川 新]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アフリカ経済委員会の関連情報