コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフリカ開発基金 アフリカかいはつききんAfrican Development Fund

2件 の用語解説(アフリカ開発基金の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフリカ開発基金
アフリカかいはつききん
African Development Fund

アフリカ開発銀行加盟諸国の経済的,社会的発展を助けるために,アフリカ開発銀行のほかカナダデンマーク,日本,オランダノルウェースウェーデンスイスイギリスユーゴスラビアの非アフリカ9ヵ国が参加して結成された組織。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフリカ開発基金
あふりかかいはつききん
African Development Fund

アフリカの開発途上国に開発資金を融資するため1973年に設立された基金。略称ADF。アフリカ諸国の経済的および社会的開発に資する目的でアフリカ開発銀行(AfDB)が1964年に設立されているが、AfDBはその融資条件が準コマーシャルベースで、アフリカの開発途上国には負担も重く、また期待に十分添うことができなかった。そこでAfDBの活動を補完し、ソフトローンを提供するために設立されたのがADFである。本部はコートジボワールアビジャンに置かれているが、同国の政治が不安定であるため、2003年2月からは暫定的にチュニジアチュニスに移転している。2009年末時点で日本など26か国およびAfDBが加盟している。同基金の融資条件は、国際開発協会第二世銀)と同じく無利子(ただし手数料0.75%)、返済期間50年(うち据置き期間10年)と緩やかになっている。貸付は収益性の低い農業や運輸、公共事業などに重点的になされている。[秋山憲治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアフリカ開発基金の言及

【アフリカ開発銀行】より

…総務会,理事会の決定のもとに,日米欧の金融資本市場からの資金調達と融資を行い,貸付条件は市中金利に準じ,期間20年以下,うち据置き7年以下。
[アフリカ開発基金]
 アフリカ開銀は緩やかな貸付条件の資金部門をもっていなかったので,そうした資金を求める域内国の要請が高まり,DAC(ダツク)(開発援助委員会)諸国とアフリカ開銀との間で検討の結果,1973年にアフリカ開発基金African Development Fundが設立された。総務会や理事会はアフリカ開銀とほぼ共通で,総裁等の役職員も兼務。…

※「アフリカ開発基金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アフリカ開発基金の関連情報