アブストラクシオン・クレアシオン(英語表記)Abstraction-Création

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブストラクシオン・クレアシオン
Abstraction-Création

抽象・創造」の意。 1932年パリで結成された抽象美術のグループ。ペブスネルガボモンドリアンカンディンスキーエルバンドローネーファントンヘルローブランクーシニコルソン岡本太郎など,当時の国際的な抽象画家たちが結集した。年1回展覧会を開催,機関誌"Abstraction-Création,art non-figuratif"を 36年まで発行。第1次世界大戦後の抽象美術の隆盛を生む母体となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android