コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本太郎 おかもとたろう

8件 の用語解説(岡本太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡本太郎
おかもとたろう

[生]1911.2.26. 東京
[没]1996.1.7. 東京
洋画家。岡本一平岡本かの子の一子。 1929年東京美術学校に入学,同年末両親とともに渡欧,11年間パリに滞在。 31年ピカソの作品に感化されてサロン・デ・シュルアンデパンダンに『傷ましき腕』 (1936) を出品,37年まで抽象美術グループアブストラクシオン・クレアシオン」に参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

岡本太郎

太陽の塔など、多くの作品を残した日本の芸術家。2011年、生誕100年を迎えた。
1911年2月26日、マンガ家の岡本一平、歌人・小説家の岡本かの子の長男として、神奈川県に生まれた。17年、小学校に入学するが、1学期で退学。翌年4月に慶應義塾幼稚舎に入学。29年に慶應義塾普通部を卒業し、東京美術学校(現・東京藝術大学)西洋画科に入学した。
この年、両親に同行してヨーロッパへ渡航し、約10年にわたってフランスで過ごす。在欧中にピカソの絵を見て影響を受けたと言われる。また、多くの芸術家と交流し、展覧会にも出品を重ねた。37年、26歳で、初めての画集『OKAMOTO』(ピエール・クルチオン序文)を刊行。
40年には第2次世界大戦のため、マルセイユから帰国し国内で活動を開始した。41年、二科会に「傷ましき腕」(油彩)、「コントルポアン」(シルクスクリーン)などを出品し二科賞を受賞した。
42年から中国戦線に出征し、46年に復員。自由の国フランスと日本軍国主義の違いに苦しんだとされる。また、戦時中にアトリエや作品は全て空襲で失われた。
戦後は、花田清輝らと「夜の会」を結成し、前衛美術運動を始めた。旧態依然とした日本の美術界に対し、自由で前衛的な芸術活動を展開する一方、縄文土器に美術的価値を見出し、日本の伝統や風俗にも目を向けた。
作品は、絵画、彫刻から、舞台、建築、プロダクトデザインなど多岐にわたり、ピアノスキーにも取り組むなど、活動は幅広い。マスコミには積極的に登場し、「芸術は爆発だ」などの名言でも知られる。
70年に大阪で開催された万国博覧会では、シンボルタワー「太陽の塔」を制作。博覧会終了後は取り壊されることとなっていたが、市民による保存運動により保存され、今日では高度成長期の日本を象徴する建造物となっている。
96年1月7日急性呼吸不全で死去。
68年から69年にかけてメキシコで制作が進められ、その後、未完のまま行方が分からなくなっていた壁画「明日の神話」が、2003年9月発見され、日本の「明日の神話」再生プロジェクトによって修復された後、08年11月17日、東京・渋谷駅のJR線と京王井の頭線を結ぶマークシティ内連絡通路に公開・恒久設置された。11年5月に、同壁画の一部に東日本大震災による福島第一原発事故を思わせる落書きがなされるなど、作品は話題と関心を集め続けている。

(葛西奈津子  フリーランスライター / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おかもと‐たろう〔をかもとタラウ〕【岡本太郎】

[1911~1996]洋画家・彫刻家。神奈川の生まれ。一平かの子の長男。パリで抽象芸術シュールレアリスム運動など前衛運動に参加。昭和45年(1970)には、大阪万博に「太陽の塔」を制作。絵画作品に「傷ましき腕」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

岡本太郎【おかもとたろう】

洋画家。岡本一平岡本かの子の子。1929年東京美術学校入学後すぐ渡仏。パリ大学で哲学,民族学を学びながら,サロン・デ・シュルアンデパンダンに出品,アプストラクシヨン・クレアシヨンに参加。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本太郎 おかもと-たろう

1911-1996 昭和-平成時代の洋画家,彫刻家。
明治44年2月26日生まれ。岡本一平・岡本かの子の長男。昭和4-15年フランスに滞在。抽象芸術やシュールレアリスム運動にくわわる。戦後は一時二科展に出品。絵画,彫刻,評論と多分野で活躍。45年大阪万国博の「太陽の塔」を制作。平成8年1月7日死去。84歳。神奈川県出身。パリ大卒。作品に「傷ましき腕」「夜」など。著作に「アヴァンギャルド芸術」「日本の伝統」など。
【格言など】芸術は爆発だ!

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おかもとたろう【岡本太郎】

1911‐96(明治44‐平成8)
画家。東京に生まれる。父は岡本一平,母は岡本かの子。1929年東京美術学校に入学するが,同年両親と渡欧,11年間パリで過ごす。ピカソの影響を受ける。G.バタイユの創設した〈社会学研究所〉のグループに加わる。パリ大学で哲学,民族学を学び,40年帰国。第2次大戦後は花田清輝,埴谷雄高らと〈夜の会〉を結成(1948)。またアートクラブを組織(1952)。前衛芸術の推進者の一人として活躍。その間,《今日の芸術》《日本の伝統》など多くの著作を著し,反伝統主義にもとづく独自の文化論を展開。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おかもとたろう【岡本太郎】

1911~1996) 洋画家。東京都生まれ。一平・かの子の子。東京芸大を中退し渡仏、パリ大民族学科卒。ピカソの影響を受け、抽象芸術のなかに古代の生命力を表現。絵画「傷ましき腕」、彫刻「太陽の塔」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡本太郎
おかもとたろう
(1911―1996)

美術家。明治44年2月26日東京に生まれる。父は漫画家岡本一平、母かの子は歌人、小説家。1929年(昭和4)東京美術学校に入学するが、半年で中退して父母の渡仏に同行。父母の帰国後も一人パリにとどまり、パリ大学で哲学、民族学を学ぶ。33年国際的な抽象芸術運動のアプストラクシオン・クレアシオン協会に参加した。37年同協会を脱退し、翌年パリ国際超現実派展に参加してシュルレアリストたちと交友を深める。40年帰国。翌年二科展に出品し、二科賞を受賞。第二次世界大戦に応召。戦後、二科展会員になるとともに対極主義を唱え、幅広く前衛芸術運動を展開する。二科展に『夜明』『森の掟(おきて)』などを発表。52年からは、縄文文化への関心を高め、作風を変えるとともに旺盛(おうせい)な執筆活動を行う。著書『忘れられた日本――沖縄文化論』(1969)は毎日出版文化賞を受賞した。東京、パリ、ニューヨークで個展のほか、サン・パウロ(1953)、ベネチア(1954)のビエンナーレをはじめ、多くの国際展に出品。東京都庁舎(丸の内旧都庁舎)ほかの陶板壁画、岡本かの子文学碑ほかの彫刻なども数多く手がけた。70年(昭和45)日本万国博覧会のテーマ展示プロデューサーとなり、自らも『太陽の塔』(永久保存)を設計するなど、建築、デザインなど幅広い領域で活躍した。[小倉忠夫・柳沢秀行]
『『芸術と青春』(1956・河出書房) ▽『日本の伝統』(1956・光文社) ▽『日本再発見――芸術風土記』(1958・新潮社) ▽『黒い太陽』(1959・美術出版社) ▽『私の現代芸術』(1963・新潮社) ▽『岡本太郎の眼』(1966・朝日新聞社) ▽『今日をひらく――太陽との対話』(1967・講談社) ▽『原色の呪文』(1968・文芸春秋) ▽『岡本太郎』(1968・美術出版社) ▽『美の呪力』(1971・新潮社) ▽『にらめっこ』(1975・番町書房) ▽『画文集 挑む』(1977・講談社) ▽『岡本太郎の挑戦するスキー 白い世界に燃える歓び』(1977・講談社) ▽『Taro Okamoto』(1977・土曜美術社) ▽『岡本太郎』(1979・平凡社) ▽『岡本太郎著作集』全9巻(1979~80・講談社) ▽『遊ぶ字』(1981・日本芸術出版社) ▽『美の世界旅行』(1982・新潮社) ▽『母の手紙――母かの子・父一平への追想』(1993・チクマ秀版社) ▽『一平かの子――心に生きる凄い父母』(1995・チクマ秀版社) ▽岡本敏子編『岡本太郎歓喜』(1997・二玄社) ▽岡本敏子編『眼――美しく怒れ』(1998・チクマ秀版社) ▽『岡本太郎 挑む/夢と誓い(抄)』(1998・日本図書センター) ▽『今日の芸術――時代を創造するものは誰か』(1999・光文社) ▽『岡本太郎の本』全5巻(1998~2000・みすず書房) ▽『宇宙を翔ぶ眼』(2000・みすず書房) ▽『青春ピカソ』(2000・新潮社) ▽岡本敏子編『岡本太郎の沖縄』(2000・日本放送出版協会) ▽『リリカルな自画像』(2001・みすず書房) ▽『疾走する自画像』(2001・みすず書房) ▽『みんなイタリア語で話していた』(2001・晶文社) ▽『太郎に訊け!』全3巻(2001・青林工藝社) ▽『自分の中に毒を持て』新装版(2002・青春出版社) ▽『沖縄文化論――忘れられた日本』(中公文庫) ▽岡本敏子・斎藤慎爾編『岡本太郎の世界』(1999・小学館) ▽岡本敏子著『岡本太郎が、いる』(1999・新潮社) ▽岡本敏子編『太郎神話――岡本太郎という宇宙をめぐって』(1999・二玄社) ▽村上善男著『赤い兎――岡本太郎頌』(2000・創風社) ▽川桐信彦著『岡本太郎――芸術は爆発か』新装版(2000・沖積舎) ▽岡本敏子著『芸術は爆発だ!――岡本太郎痛快語録』(小学館文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡本太郎の関連キーワード太陽神話アイリッシュジョスカンデプレロータ太陽の塔太陽の黄金の林檎太陽の盾/タイムオデッセイ2太陽の街大阪万博と太陽の塔バッハ カール・フィリップ・エマヌエル

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岡本太郎の関連情報