アブメナ(英語表記)Abu Mena

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アブメナ」の解説

アブメナ
Abu Mena

エジプト北部,カイロ北西約 180kmにあるキリスト教建築の遺跡群。ローマ軍兵士であったが,みずからキリスト教徒であることを表明しキリスト教徒迫害という軍の方針に反対し殉教したコプト教会の聖者メナスの生誕地。アブメナのメナスの墓所で起きた奇跡により巡礼者が跡を絶たず,5~6世紀には巡礼地として発展をとげ,聖堂,洗礼堂,宿泊施設などが整った。しかし9世紀に入り,イスラム教徒侵略や地震の被害で廃虚と化した。 20世紀初頭以降,メナスの記念聖堂をはじめ数々の建築物が発掘されている。 1979年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「アブメナ」の解説

アブ‐メナ(Abu Mena)

エジプト北部にある同国最古のキリスト教都市遺跡。アレクサンドリア南西約70キロメートルに位置する。ローマ帝国のキリスト教弾圧によって殺された聖者メナスを祭った場所。原始キリスト教一派であるコプト教会聖地として栄えたが、9世紀にイスラム教徒の侵略により滅びた。20世紀初頭、砂に埋もれた遺跡が発掘された。1979年、世界遺産(文化遺産)に登録されたが、2001年には周辺地域の干拓の影響で地下水が上昇、地面の軟弱化による遺跡崩壊の危機から、危機遺産リストに登録された。アブミナ。アブーミーナー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android