コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アベコベガエル Pseudis paradoxa; paradoxical frog

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アベコベガエル
Pseudis paradoxa; paradoxical frog

カエル目アベコベガエル科。幼生は巨大で全長 25cmをこえるが,変態のときに縮小して,わずか 4cm足らずの子ガエルになり,成熟しても 7cmぐらいにしかならない。アベコベガエルという名は,この奇妙な現象に由来する。成体は緑色ないし褐色の地に黒っぽい斑紋があり,後肢の蹼 (みずかき) がよく発達している。また,前肢の第1指がほかの指と向い合っていて,餌となる小動物をつかむことができる。南アメリカのアマゾン川流域に分布し,ほとんど水中で生活する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アベコベガエル

アベコベガエル科の両生類トリニダード島とアマゾン川の一部に分布。〈アベコベ〉という名は,オタマジャクシが大きく,ときには体長25cmを超えるのに対し,変態して成体になると体長6.5cmにしかならないことによる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アベコベガエル
あべこべがえる
paradoxical frog
[学]Pseudis paradoxus

両生綱無尾目アベコベガエル科のカエル。ブラジル、アルゼンチンを中心に分布。水中性で、水草の多い止水域を好み、水底の小動物を食べる。体長6センチメートル内外。体表は暗緑色で、後肢は黄色と黒色のまだら模様。皮膚は滑らかで、後肢の水かきは大きく発達している。卵は泡状の卵塊として水草の間に産み付けられ、成長したオタマジャクシは成体よりはるかに大きく全長25センチメートルにも達する。親より子供のほうが大きいのでアベコベガエルの名がある。アベコベガエル科は南アメリカ固有の科で、2属5種が知られる。[倉本 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアベコベガエルの言及

【食用ガエル(食用蛙)】より

…例えば,ヨーロッパトノサマガエルRana esculentaの英名edible frogは食用ガエルを意味し,南アジア産トラフガエルRana tigrinaはもも肉の味から水鶏(ツイコイ)と呼ばれる。アマゾン川流域ではアベコベガエルPseudis paradoxaの全長25cmに達するオタマジャクシまでが,市場で売られている。【松井 孝爾】
[調理]
 フランス料理ではグルヌイユgrenouilleと呼び,皮をむいた骨つきの後肢を用いる。…

※「アベコベガエル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アベコベガエルの関連キーワード食用ガエル(食用蛙)アカガエル倉本

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android