コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマチュアリズム アマチュアリズム amateurism

翻訳|amateurism

5件 の用語解説(アマチュアリズムの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アマチュアリズム(amateurism)

スポーツなどを、営利を目的とせず、趣味として純粋に愛好しようとする考え方アマチュア精神。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アマチュアリズム

金銭の授受を目的にある特定の行為をしたり,それを職業としてはならないとする考え方。とくに,スポーツの分野で用いられる。つまり,スポーツをすることによって金銭の授受が行われたり,賞金を得たり,生計を営んだりなど,経済的利益を追求してはならない,とする主義。
→関連項目ブランデージラグビー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アマチュアリズム【amateurism】

アマチュアamateurはラテン語のamator(愛好者)に由来する。アマチュアリズムは,多くの場合スポーツにおいて問題とされる。スポーツにおけるアマチュアリズムとは,アマチュアは趣味としてスポーツを行い,それによって生計を営んだり賞金を得るなど,経済的な利益を追求してはならないという考え方で,19世紀初頭,イギリス中産階級の社会で発生した。1839年イギリスの第1回ヘンレー・レガッタで,参加規定に初めてアマチュアという名辞が使われ,66年にはイギリス陸上競技選手権大会で,さらにアマチュア規定が整備され,これがその後長くアマチュアリズムの規範となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アマチュアリズム【amateurism】

主にスポーツの世界で、営利を目的とせず、純粋にスポーツを楽しもうとする考え方。アマチュア精神。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アマチュアリズム
あまちゅありずむ
amateurism

おもにスポーツ界の用語で、アマチュア・スポーツの根幹をなす考え方。報酬を目的に競技するのではなく、趣味として楽しみながら、純粋にスポーツを愛好する人をアマチュアといい、その精神のあり方を強調する主義のことをアマチュアリズムという。[大西鉄之祐]

語源

アマチュアamateurは、ラテン語のamator(愛好家)という語に由来し、スポートsport(職場を離れて楽しむ)の語とともに用いられるようになった。18世紀のスポーツ界ではジェントルマンという用語がアマチュアと同義語として使われており、当時はジェントルマンでなければアマチュアでないとされた。[大西鉄之祐]

歴史

アマチュアということばがスポーツに初めて取り入れられたのは、1839年にイギリスで行われたボートレースのヘンリー・ロイヤル・レガッタである。成文化こそされなかったが、このとき決められた参加資格が世界で初めてのアマチュア規定であった。
 規定が成文化されたのは1866年イギリスの陸上競技選手権大会である。その内容は、スポーツによって生計を営む者と、職業をもつすべての労働者をアマチュアから締め出すものであり、階級意識の強いイギリスでは、スポーツは上流階級の人々同士で行うものというのが、当時の社会通念であった。一方、海を越えたアメリカでは、1868年アマチュア競技会への参加規定が決められた。これは、プロ野球の創設発展、多額の賞金や賭博(とばく)行為の増加などによって、プロフェッショナルprofessionalな競技者との区別を明確化する必要に迫られたからであったが、イギリスのように労働者階級を排除する内容はなかった。イギリスでも徐々に労働者の社会的地位が向上するにしたがい、労働者にもスポーツに参加する道が開かれるようになって、スポーツは大衆化へと進んでいった。[大西鉄之祐]

アマチュア規定

日本で初めてアマチュア規定が採用されたのは、1911年(明治44)日本体育協会が、ストックホルムで開催される第5回オリンピック大会の予選に参加する選手の出場資格を決めたときである。1917年(大正6)の陸上競技大会では、人力車夫、郵便・牛乳配達人には参加資格がないとして除外し、問題が起こった。
 IOC(国際オリンピック委員会)でも1901年に初めて各競技種目共通の規定をつくった。その内容は次のとおりである。(1)金銭のためにプレーする者、(2)プロといっしょにプレーする者、(3)体操教師もしくはトレーナーとして金銭を受ける者、これらの者はアマチュアとして認めていない。当時、アマチュア規定に違反する事件はごく少なかったが、1912年のオリンピックで十種競技に優勝したアメリカのジム・ソープはこの規定が適用され、金メダルを剥奪(はくだつ)された。[大西鉄之祐]

現況

アマチュアリズムの伝統も、1945年以降、流動する社会情勢やスポーツ水準の向上などによって、昔からの考え方では対応しきれなくなり、ついには緩和の方向へと進み、1962年にはクリケットがアマチュア規定を廃止し、1968年にはテニスのウィンブルドン大会がプロフェッショナルにも開放された。このように規定が緩和に向かった原因の一つに、選手の経済問題があげられる。競技者の経済生活を補償する必要に迫られた社会主義国では、国家が養成する選手(ステート・アマチュア)が登場し、アメリカなどのように奨学金によってスポーツに励む選手(スカラシップ・アマチュア)や、多くの資本主義国でみられる、スポンサーや企業の援助を受けながら、その代償として宣伝に使われる選手(コマーシャル・アマチュア)が誕生した。現在のIOCでは最小限の参加資格を定めているが、アマチュア規定は各種目別国際競技連盟(IF)の定める条項によるとされている。ただ、IFのアマ規定はそれぞれ差異があるため、オリンピック大会ではIOCの承認を得なければならない。さらに参加資格の決定は、各国のNOC(国内オリンピック委員会)に委嘱されており、社会体制の異なる各国間でのアマ、プロの区別はいよいよ困難になってきている。
 今後、各競技やオリンピック、さらに世界の人々のスポーツに対する考え方に、さまざまな変化が生まれるだろうと思われる。しかし、たとえアマ規定が消滅することがあっても、「精神的にはアマチュアで、技術的にはプロフェッショナルでありたい」と語った登山家ヒラリーのことばは、すべてのスポーツマンの胸に生き続けてほしい道標である。[大西鉄之祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアマチュアリズムの言及

【オリンピック】より

…IOC憲章はオリンピック競技者の資格として,(1)IOCとIFのルールを誠実に順守すること,(2)IFのルールに従い,NOCとNFの承認なしに,スポーツに参加することで金銭的報酬を得たことがないことの2条件をあげているが,どのような場合に金銭の取得が許されるのか,その細目はすべてIFのルールにゆだねられている。アマチュアリズムにもっとも厳格とされた国際陸上競技連盟(IAAF)が,1982年そのルールを改正し,IAAFの公認する競技会に限り,選手が出演料や報奨金を受け取り,それを各国陸上競技連盟が設ける競技者基金に寄託することを認可したので,金銭取得の禁止を主眼としたアマチュアリズムは大きく崩れ,その他のIFにも波及して,オリンピック参加資格に画期的な変化をもたらした。なお,後出〈近代オリンピック概史〉の〈第4期〉の記述を参照されたい。…

【プロスポーツ】より


[アマチュアとプロフェショナルの対立]
 近代スポーツの歴史は,アマチュアスポーツとプロスポーツとの対立と論争の歴史でもあった。イギリス流のアマチュアリズムは品性や公正など徳目を優先し,スポーツを余暇行為としてとらえることにこだわり,肉体労働者のスポーツ参加やスポーツを職業とすることに反対し,初期のアマチュア規定ではこれらの人々は厳格に区別され排除されていた。オリンピック大会は世界のアマチュアスポーツの祭典と規定され,その参加規定や競技者資格をめぐってしばしば紛糾した。…

※「アマチュアリズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アマチュアリズムの関連キーワードアマチュアステートアマチュアIARUJARLOSCARアマチュア無線の日アマチュア野球日本アマチュアボクシング連盟世界アマチュアゴルフ評議会アマチュア騎手 (amateur jockey)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アマチュアリズムの関連情報