コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマランス amaranth

翻訳|amaranth

デジタル大辞泉の解説

アマランス(amaranth)

ヒユ科ヒユ属の植物の総称。特にそのうちのハゲイトウをさす。アマランサス
酸性アゾ染料で、酸溶液に溶けて紫色または淡紅色になるもの。羊毛・絹の染色、食料品の着色などに使用。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

アマランス

 (1) C20H11N2Na3O10S3 (mw604.48).

 食用赤色2号.食品の着色料.(2) 植物アマランス属.[Amaranthus]属,特に[Amaranthus hypochondriacus]の葉からとる色素で食品の着色料として使う.(3) アマランサスともいう.世界各地で葉や種子を食用にする植物.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

アマランスの関連キーワードアマランスパープル葉鶏頭

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アマランスの関連情報