コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマーラ アマーラ Al-`Amārah

3件 の用語解説(アマーラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アマーラ
アマーラ
Al-`Amārah

イラクの南東部,マイサーン県の県都。バグダードの南東約 300km,チグリス川に面する。低平な沖積平野にあるが,気候は高温乾燥性である。 19世紀中頃以降,バグダードとバスラを結ぶチグリス川水運の河港として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アマーラ(Amārah)

イラク南東部、メイサン州の都市。同州の州都。チグリス川沿いに位置する。19世紀半ば、オスマン帝国時代に発展。イラン‐イラク戦争時には激しい戦闘が行われた。周辺には豊かな農業地帯と湿地帯が広がる。織物、銀製品の産地として有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アマーラ
あまーら
Amrah

イラク南東部、ティグリス川沿いにある都市。メイサン州Maysanの州都。人口20万8797(1987センサス)、35万1100(2003推計)。19世紀後半にトルコの支配下に入ってから発展した。周辺の湿地帯は豊かな農業産地で、米、トウモロコシ、雑穀類を産するほかナツメヤシなどの果実も多い。イラン国境に近く、山岳地帯のクルド地方や、バグダード、バスラなど国内大都市との交易が盛んである。[原 隆一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアマーラの言及

【合成皮革】より

…構造的には一層構造の人工皮革に相当する。このタイプに属する商品としては,クラリーノ・エフ(クラレ),アマーラ(クラレ),エクセーヌ(東レ)が市販されている。さらに近年,各種紡糸法の進歩により,極細繊維の製造が可能となり,この繊維を使った織布や編布が多種市販されている。…

※「アマーラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アマーラの関連キーワードサマーワサーリーリジャイナティクリートМагаданアルビールӨскеменガズビーンサナンダジТалдықорған

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アマーラの関連情報