コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマーラ アマーラAl-`Amārah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アマーラ
Al-`Amārah

イラクの南東部,マイサーン県の県都。バグダードの南東約 300km,チグリス川に面する。低平な沖積平野にあるが,気候は高温乾燥性である。 19世紀中頃以降,バグダードとバスラを結ぶチグリス川水運の河港として発展。周辺は大灌漑用水路とともに農業開発が進み,農産物と家畜,羊毛,皮革を集散する。銀細工の名産地であり,絨毯の生産も多い。バグダード,バスラとは鉄道でも結ばれている。人口 13万 1758 (1985推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アマーラ(Amārah)

イラク南東部、メイサン州の都市。同州の州都。チグリス川沿いに位置する。19世紀半ば、オスマン帝国時代に発展。イラン‐イラク戦争時には激しい戦闘が行われた。周辺には豊かな農業地帯と湿地帯が広がる。織物、銀製品の産地として有名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アマーラ
あまーら
Amrah

イラク南東部、ティグリス川沿いにある都市。メイサン州Maysanの州都。人口20万8797(1987センサス)、35万1100(2003推計)。19世紀後半にトルコの支配下に入ってから発展した。周辺の湿地帯は豊かな農業産地で、米、トウモロコシ、雑穀類を産するほかナツメヤシなどの果実も多い。イラン国境に近く、山岳地帯のクルド地方や、バグダード、バスラなど国内大都市との交易が盛んである。[原 隆一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアマーラの言及

【合成皮革】より

…構造的には一層構造の人工皮革に相当する。このタイプに属する商品としては,クラリーノ・エフ(クラレ),アマーラ(クラレ),エクセーヌ(東レ)が市販されている。さらに近年,各種紡糸法の進歩により,極細繊維の製造が可能となり,この繊維を使った織布や編布が多種市販されている。…

※「アマーラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

共謀罪

ある特定の犯罪を行おうと具体的・現実的に合意することによって成立する犯罪。実際に犯罪を行わなくても、何らかの犯罪を共謀した段階で検挙・処罰することができる。米国や英国などでは設けられているが、日本の刑...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アマーラの関連情報