アミノアシルtRNA合成酵素(読み)アミノアシルティーアールエヌエーごうせいこうそ(英語表記)aminoacyl-tRNA synthetase; ARSase

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アミノアシルtRNA合成酵素
アミノアシルティーアールエヌエーごうせいこうそ
aminoacyl-tRNA synthetase; ARSase

ARSとも略記。転移 RNA (tRNA) にアンチコドンの暗号に適合したアミノ酸を特異的に結合させる酵素。したがって 20種類のアミノ酸に対応してそれぞれ特異的な ARSが存在する。遺伝情報が正確にアミノ酸配列に伝えられるために必須な酵素で,tRNAの微細構造をきわめて正確に認識する能力が必要となる。 ATP存在下でアミノ酸を活性化し,tRNAの3′末端のアデノシンにアミノ酸をエステル結合させ,アミノアシル tRNAをつくる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アミノアシルティーアールエヌエーごうせいこうそ【アミノアシルtRNA合成酵素 aminoacyl‐tRNA synthetase】

アミノ酸活性化酵素ともいう。つぎの反応を触媒する酵素。アミノ酸+tRNA+ATP―→アミノアシルtRNA+AMP+ピロリン酸この反応は,遺伝暗号の翻訳,すなわちタンパク質の生合成においてきわめて重要な役割をもつ。タンパク質の構造,すなわち,アミノ酸の配列順序は核酸の塩基配列によって決められるが,塩基配列と個々のアミノ酸の1対1の対応が具体的に成立するのはtRNAとアミノ酸の結合においてであり,アミノアシルtRNA合成酵素はこの過程を担当している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android