アメダス(英語表記)AMeDAS; Automated Meteorological Data Acquisition System

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメダス
AMeDAS; Automated Meteorological Data Acquisition System

日本の気象庁が 1974年11月1日に運用を開始した無人の気象観測システム。正式名称は地域気象観測システム降水量を観測する観測所は約 1300ヵ所(約 17km間隔)あり,このうち約 840ヵ所(約 21km間隔)では降水量に加えて,風向風速気温日照時間(→日照)を観測している。また,雪の多い地方の約 310ヵ所では,積雪の深さを観測している。各観測値は毎正時に,電話回線で自動的に東京のアメダスセンターに送られていたが,2008年3月からはアメダスデータ等統合処理システムの運用が開始され,最大瞬間速の観測,気温の 10秒ごとの観測に変更となった。また,統計処理された観測データを 10分ごとに全国の気象官署に配信するとともに,民間気象業務支援センターを経由して部外機関にも提供している。(→気象観測

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

アメダス

地域気象観測システム。全国に無人の地域気象観測所を展開し、約1310カ所で降水量を(このうち約850カ所で降水量に加え、風向・風速、気温、日照時間、約290カ所で積雪の深さも)観測し、局地的な気象を監視するシステム。

(饒村曜 和歌山気象台長 / 宮澤清治 NHK放送用語委員会専門委員 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アメダス

AutomatedMeteorologicalDataAcquisitionSystemの頭文字から「AMeDAS(アメダス)」と名付けられた。雨だけを観測する480カ所を合わせると全国で約1300カ所で観測しており、約17キロ四方に1カ所の割合になる。

(2007-08-14 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

アメダス【AMeDAS】[Automated Meteorological Data Acquisition System]

Automated Meteorological Data Acquisition System気象庁の地域気象観測システム。日本で昭和49年(1974)から使用。全国千三百余か所に設置したロボット気象計を、東京のセンターがコンピューターで管理し、雨量などの観測データを集計、配信する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アメダス【AMeDAS】

気象庁の地域気象観測システム。電話回線を利用して、全国約一三〇〇箇所の自動気象観測所から雨量の観測資料(うち約八四〇箇所からは気温・風・日照も)を集め、コンピューターで処理して各気象官署に配信する。

アメダス【AMeDAS】

〖Automated Meteorological Data Acquisition System〗

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アメダスの関連情報