コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラクネ アラクネ Arachne

翻訳|Arachne

3件 の用語解説(アラクネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラクネ
アラクネ
Arachne

ギリシア神話の人物。小アジアリュディアコロフォンに住むイドモンの娘で,機織りの名手であったが,慢心してアテナに腕比べを挑み,女神の面前で,神々が人間の女たちと愛欲にふける情景をみごとに織り上げてみせた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アラクネ【Arachnē】

ギリシア伝説の女性。その名はクモの意。オウィディウスの《転身物語》によれば,彼女は小アジアのリュディア地方の寒村に住む機織の名手であったが,慢心して技芸の女神アテナに技競べを挑み,一点の非の打ちどころもないみごとな織物を織り上げたものの,それを女神に引き裂かれ,絶望して首をくくった。しかし彼女は女神に命を救われ,腹から糸を吐いて機織に励むクモに変じられたという。【水谷 智洋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラクネ
あらくね
Arachn

ギリシア神話の女性で織物の名手。染物の町リディアの、コロフォンの染めの名手イドモンの娘。織物に優れたアラクネは、織物の女神アテネとその技を競った。その試合で、女神はオリンポスの十二神と、神々に懲らしめられた人間たちの話を織り、一方アラクネは、神々の恋物語を織り上げた。アラクネの作品は完璧(かんぺき)であったが、彼女が織物の技術ではアテネをしのぐと自慢したために、アテネは怒ってアラクネの作品を引き裂き、彼女を打ち据えた。彼女は恐怖と悲しみのあまり自殺を図ったが、女神はそれを許さず、彼女をクモに変えた。[小川正広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアラクネの言及

【クモ(蜘蛛)】より

…〈世にめづらしきもてあそびもありける〉と柳原紀光は書いているが,蜘蛛合せへの熱狂はしだいに賭博性を強めてさまざまな弊害を生み,やがて一般に禁制されるようになった。【鈴木 晋一】
[ヨーロッパのクモ伝承]
 現在の動物学で蛛形動物をアラクニダArachnidaと呼ぶが,これは,ギリシア神話の技芸の女神アテナと機織り競争をし,女神の怒りにふれてクモに変えられたアラクネに由来する。クモはほぼ世界的に神意を啓示する動物と考えられ,古代ローマでは天候や環境の変化を知らせると信じられた。…

※「アラクネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アラクネの関連キーワードアクタイオンアンドロマケスキュラデイアネイラテュンダレオスヒュドラヘラペロプスペンテシレイアギリシア喜劇

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アラクネの関連情報