コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラビア数字 アラビアスウジ

百科事典マイペディアの解説

アラビア数字【アラビアすうじ】

現用の算用数字。インドで生まれ,アラビアに渡って改良された後,ヨーロッパに伝えられ,特にフィボナッチの《アバクスの書》(1202年),ジョン・ホリウッドの〈通俗アルゴリズム〉(1240年ころ)により普及した。
→関連項目アバクス十進法ゼロ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

アラビアすうじ【アラビア数字】

現在使用している算用数字。 0 ・ 1 ・ 2 ・ 3 …など。インドで考案され、アラビア人がヨーロッパに伝えたのでこの名がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラビア数字
あらびあすうじ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアラビア数字の言及

【インド数学】より

…この記数法が彼らの使っていた数字と共にアラビアを経て中世ヨーロッパへもたらされた。このためヨーロッパではその数字をアラビア数字と呼ぶようになったが,アラビア人たちはそれをインド数字と呼んでいた。【林 隆夫】。…

【数字】より

…数を書き表すのに,いろいろな文字,記号を使う。今日,われわれはアラビア数字と漢数字をおもに使っている。アラビア数字0,1,2,3,4,5,6,7,8,9はもともとはインドで生まれたものである。…

※「アラビア数字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アラビア数字の関連キーワード7セグメントディスプレー日本十進分類法自動車ナンバー航空機登録記号希望ナンバー制フィボナッチ数フワーリズミー登記識別情報カナモジカイ数字と記数法インドの科学十進分類法混合記号法アラビア人ローマ数字瞿曇悉達土壌層位中国数学和音記号蘭学階梯

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アラビア数字の関連情報