コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラブ音楽 アラブおんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラブ音楽
アラブおんがく

西アジアから北アフリカ一帯におけるアラブ民族の音楽。イラクからモロッコにいたるアラブ諸国で,おのおのの地域的な相違はあるにせよ,共通の言語,文学および理論体系に基づき,ほぼ一様の楽器を用いて行われている古典音楽をおもにいう。今日の演奏からみて,アラブの音楽はエジプトシリア,イラクを中心とする東方の伝統と,モロッコ,アルジェリアチュニジアなど西方 (マグレブ) のアンダルース音楽の伝統との2つの流れに大別できる。両者に共通する重要な特徴は,マカームに基づく半音以下の微小音程を含む旋法,およびイーカーに基づくリズム型の体系であり,またその両者とアラブ古典詩の組合せによって統一された大規模な多楽章の形式である。イスラム以前のアラブの音楽についてはあまり知られていない。7世紀に始るイスラムは,その征服事業の結果サラセン帝国の版図に入ったペルシアやビザンチンの高い音楽文化とじかに接することになり,アラブの芸術音楽の開花を促すことになる。アッバース朝カリフの都バグダードではイスハーク・アルマウシリー,西のウマイヤ朝の都コルドバではジルヤーブのごとき大音楽家が活躍した。特にアッバース朝全盛期には,ギリシアの諸学芸を受継ぎ音楽理論を展開させた哲学者が輩出した。とりわけキンディー,ファーラービー,アビセンナらの著述は重要である。 13世紀中葉にバグダードはイル・ハン国に滅ぼされるが,この頃にはサフィー・ウッディーン,クトゥブ・ウッディーン,アブダル・カーディルらペルシア系の音楽理論家の活躍が目立ち,以後アラブ音楽は停滞期に入る。 16世紀にオスマン帝国がアラブ世界の大半をその支配下に入れてからは,スルタンの宮廷でトルコ音楽が行われるようになり,各地のアラブの古典音楽はトルコの影響を受けて今日にいたる。今日演奏される重要な形式は,東方では楽器独奏のタクシーム,合奏のバシュラフ,声楽のラヤーリーなど,また西方では多楽章のカンタータ風のナウバ (グラナダのナウバ) である。古典音楽に用いられる弦楽器には,ウードカーヌーン,ラバーブ,西洋のバイオリンなどがあり,ナーイという縦笛,ダラブッカという片面鼓,ドゥッフまたはタールと呼ばれるタンブリンもアラブ諸国に共通して用いられる。また,これらの楽器を主体とする合奏の伴奏で,今日各地のナイトクラブで行われる官能的な女性のベリー・ダンスもアラブ諸国に共通なものといえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アラブおんがく【アラブ音楽】

かつてのイスラム帝国の範囲のうち,イランとトルコ,スペインを除き,アラブを主とする地域の音楽。この地域には,マシュリクと呼ばれる地域(おもにイラク,シリア,レバノンヨルダン,エジプト)と,マグリブと呼ばれる地域(モロッコ,アルジェリア,チュニジア,リビア)の二つの伝統がある。これらの国々には,イラクのクルド族やエジプトのヌビア人のような非アラブの人々,またキリスト教徒やユダヤ教徒などイスラム以外の伝統をもつ少数派の人々も住み,それぞれの民俗文化は多様である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアラブ音楽の言及

【楽譜】より

…トルコ語の場合のようにローマ字化して用いるところもある。独自の記譜法が発展しなかった理由は,実際の音楽で音を一つ一つ記しておく必然性がなかったためであり,即興性の強いアラブ音楽では,旋律を規定する旋法(マカーム)とリズムを規定する概念(イーカーア)と歌詞が示されれば,実際の演奏が成り立つからである。また,リズムについては,インドと同じように,擬音的な文字で表す一種の唱歌(しようが)も用いられた。…

※「アラブ音楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アラブ音楽の関連キーワードレッド・ツェッペリンアルワッハーブ中央アジア音楽西アジア芸能エジプト音楽テトラコードイーカーアドランテヌビア

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アラブ音楽の関連情報