コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アララト山 アララトさんMount Ararat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アララト山
アララトさん
Mount Ararat

トルコの東端,イランとアルメニアの国境に近く,アルメニア高原にある火山。トルコ語ではアウル・ダウ Aǧrı Daǧıという。歴史時代の噴火は知られていないが,山全体が安山岩質の火山岩黒曜石からなり,溶岩火山砕屑物に覆われている。東部と北部はアラス川沖積平野,南西部はバヤズィト平原になっている。山は直径 40kmで 2峰に分かれ,大アララト山は標高 5165mでトルコの最高峰,年間を通じて氷河に覆われ,小アララト山は標高 3896mである。大アララト山の大部分は木が生えていないが,小アララト山はカバノキが生えている。標高 1500~3450mの中腹部には牧草地があり,クルド人の住民が放牧している。伝説によればアララト山は「ノアの箱舟」が着いた場所とされ,その名は旧約聖書(創世記8章)にもみられる。1829年ドイツ人ヨハン・ヤーコプ・フォン・パロットが大アララト山の初登頂に成功した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アララト山の関連キーワードエチミアツィンの大聖堂と教会群及びズヴァルトノツの古代遺跡アルメニア(地方)アララト[山]ドウバヤズットドーウバヤジト世界の国旗ノアの箱舟エレバンバン湖