アランフェスの文化的景観(読み)アランフェスのぶんかてきけいかん

世界遺産詳解の解説

アランフェスのぶんかてきけいかん【アランフェスの文化的景観】

2001年に登録された世界遺産(文化遺産)。アランフェスは、スペイン中央部、首都マドリードから南に約40kmほどのところにあるマドリード自治州南部の都市である。スペイン王室の離宮と庭園がある町として知られている。この離宮と庭園、町並みを含む一帯が世界遺産に登録されている。離宮は1561年、当時のサンティアゴ騎士団長が所有していた宮殿の跡地に、フェリペ2世によって建設が命じられ、南塔と礼拝堂の建設が始まったが、宮殿はその後長い間着工せず、離宮の建設が始まったのは17世紀半ばになってからのことである。そして、その完成はカルロス3世の治世の18世紀後半であった。離宮正面に「王宮公園」、宮殿北側に「島の庭園」、東に「王子の庭園」が配置されている。◇英名はAranjuez Cultural Landscape

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android