コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルキュタス Archytas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルキュタス
Archytas

前 375年頃活躍したタレンツムのピタゴラス派の哲学者,数学者。プラトンの友人。エウクレイデス (ユークリッド) にも影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルキュタス【Archytas】

前4世紀前半に活躍したタレントゥムの政治家,将軍,数学者,機械学者。プラトンの友人でピタゴラス学徒。数学的学科は,幾何学,数論,球面学(天文学),音楽(和声学)よりなるとして,それらの理論の発展にいくつかの重要な貢献をした。ユークリッド《ストイケイア》第8巻の等比数列の理論は,大部分アルキュタスによるものと推測される。また,音楽における3種の比例中項(等差,等比調和中項)を区別したといわれるが,とくに,立方体の倍積問題を三次元の作図で解いたのは有名である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アルキュタスの関連キーワードオートマトンフィロラオスエウドクソス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android