コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルチプラノ Altiplano

世界大百科事典 第2版の解説

アルチプラノ【Altiplano】

ペルー南部,南緯15゜付近からボリビアをへて,チリ,アルゼンチン,ボリビア3国国境(南緯23゜付近)まで続くアンデス山脈中の高原。幅150~250km。標高3500~4500m。海成の古生層およびそれを貫く花コウ岩よりなるオリエンタル山脈と,火山岩からなるオクシデンタル山脈に挟まれて分布する構造性盆地(凹陥地)である。北部には淡水のチチカカ湖があり,それから流れ出すデサグアデーロ川は出口のない塩湖ポーポ湖に注ぐ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアルチプラノの言及

【アンデス[山脈]】より

…しかしこの地域は降水量が少ないので内陸流域となり,淡水湖であるチチカカ湖や氷期の湖(約5万km2)が干上がったウユニ塩原などが見られる。その周囲には高い(3500~4500m)平たんな平野(アルチプラノ)が形成されている。ペルー南部からボリビア北部にわたるこの平たんな地域はアンデス高地文明の中心であり,インカ帝国の首都であったクスコをはじめ,チチカカ湖の周囲の町や村のように先植民地時代から続いているものが多く,人口密度も高い。…

【ボリビア】より


【自然,地誌】
 面積は日本の約3倍にあたり,南アメリカでは第5位を占める。その地形により,標高3500m以上のアンデス高地(アルチプラノ)とそれ以下のアンデス東麓地帯(エル・バエ)および東部平原地帯(オリエンテ)の三つに大別される。アルチプラノとエル・バエの両地帯の面積は全面積のそれぞれ5分の1を,オリエンテは残りの5分の3を占める。…

※「アルチプラノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルチプラノの関連キーワードチチカカ[湖]ポーポ[湖]ウユニ塩原ラ・パスラ・パス