コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルチョム(英語表記)Artyom

世界大百科事典 第2版の解説

アルチョム【Artyom】

ロシア連邦東部,沿海州の都市。人口7万2000(1992)。ウラジオストクの北東53km,シベリア鉄道に沿い,褐炭を産し,ピアノ,じゅうたん,家具,陶磁器,建設資材の工場がある。付近に大規模な発電所があり,極東工業大学の夜間部,工業技術専門学校があって活発な工業都市である。1924年に炭鉱村として発足し,38年に市制。市名は革命家F.A.アルチョム(1833‐1921)にちなむ。【山本 敏】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルチョム
あるちょむ
Артём Artyom

ロシア連邦東部、沿海地方の都市。ムラビヨフ・アムールスキー半島の北部、ウラジオストクの北東方45キロメートルにある。人口6万5100(2003推計)。褐炭田があり、付近の火力発電所に供給される。ピアノ、じゅうたん、家具、陶磁器製造などの工業がある。[三上正利]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android