コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルティメット あるてぃめっと Ultimate

翻訳|Ultimate

3件 の用語解説(アルティメットの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

アルティメット

フライングディスク(フリスビー)を用いた競技の1種目。ディスクの飛行特性を考慮した技術に加え、高い持久力・スピードチームワークが必要な特殊な競技のため「究極」(Ultimate)と名づけられた。5~7人の2チームで行う。セルフジャッジ制で審判はいない。フィールドは37メートル×100メートルで、うち両サイド18メートルまでがエンドゾーン。ルールに則ったパスをつなげ、相手のエンドゾーン内で味方からパスされたディスクをキャッチした際に得点となる。17点先取で勝ちとなる。1960年代に米国の大学で始まったとされ、現在は世界40カ国以上でプレーされている。

(2013-10-4)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アルティメット(ultimate)

究極。最高点。到達点。
フリスビーを使った競技の一種。各チーム7人ずつで、縦100メートル、横40メートルのコートでパスをしながら前進し、エンドゾーンの選手にパスが通れば得点になる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルティメット
あるてぃめっと
ultimate

フライングディスクflying diskを使い、攻守に分かれて得点を競う団体競技の一つ。フライングディスクとは商標名「フリスビー」の名称で一般に広まった、プラスチック製の円盤である。アルティメットは「究極」を意味する英語で、競技名に付けられた理由は、フライングディスク独特の飛行特性を習得したうえで、自在にパスをやりとりする高度な技術が必要になるだけでなく、スピードと持久力が要求される激しい競技であることによる。1960年代後半にアメリカで誕生したもので、2001年には国際ワールドゲームズ協会主催で4年に一度開かれる国際スポーツ競技会であるワールドゲームズの正式種目になっている。日本では、2008年(平成20)中学校学習指導要領の改訂により、保健体育ゴール型競技事例として取り上げられている。
 コートは、100メートル×37メートルの長方形で、コートの両端から18メートル幅のエリアがエンドゾーンになっている。競技は1チーム7人編成の2チームが攻守に分かれ、1枚のフライングディスクを使用して行われる。攻撃側はフライングディスクを味方にパスをしながら敵陣へ進攻し、相手側のエンドゾーン内で味方へパスして受け渡すことができれば1点が入る。得点ごとにコートチェンジと攻守の交替が行われる。ディスクをもっている選手は歩いたり、軸足を動かしたりすることはできず、動けばトラベリングという反則になる。反則があったとき、敵がパスをインターセプトまたはカットしたとき、あるいはディスクが地面に落ちたり、コートの外へ出てしまった場合は、攻守が交替(ターンオーバー)になる。そして、反則やインターセプトがあった地点から3メートル以内の場所で、10秒を数える間にパスをすることで競技が再開される。
 試合形式は大会ごとに定められ、ポイント制(17点先取)や時間制などで行われる。競技では選手同士の接触を禁止しており、審判を置かず、選手でセルフジャッジを行う自己審判制を採用するなど、フェアプレーを重視したルールになっている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルティメットの関連キーワードディスタンスフライングディスクネールディレーマーカーディスクサムフリップスロースローイングサイトディスクゴルフゴールマンダトリーバークレーグリップJFDA

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルティメットの関連情報