コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルバジン Albazin

2件 の用語解説(アルバジンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アルバジン【Albazin】

アムール川(黒竜江)の北岸ブラゴベシチェンスクの上流約450kmにあったロシアの城塞。その地は今日のロシア連邦アムール州に属する。清朝ではこの地を雅克薩(ヤクサ)と呼んだ。1651年ロシアは東部シベリア開拓の前進基地としてここに城塞を築いた。以来アムール沿岸地方の領有をめぐってロシアと清との間に緊張が生じ,ついに1685‐86年に2度にわたって両国の間に武力衝突が起こり,ロシアは敗れてアルバジン城は撤去されたが,89年のネルチンスク条約によりその地はロシアの領有に帰した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルバジン
あるばじん
Албазин Albazin

ロシア連邦東部、アムール川(黒竜江)北岸にあったロシアの要塞(ようさい)。中国側資料ではヤクサ(雅克薩)。1651年ロシア人ハバロフЕрофей Павлович Хабаров/Erofey Pavlovich Habarov(1610ころ―1667)の探検隊が占領して根拠地とし、派遣された清(しん)軍を破った。ハバロフの仕事はコサックのステパノフが引き継ぎ、流域地方の遠征を繰り返したが、1658年清軍に破られ、アルバジンは奪還された。しかし、ロシア人はふたたび占領、1674年ごろ再建、司令官トルブジンが駐在した。その後、清軍の包囲、ロシア軍の撤退と占領があり、ネルチンスクでロシア・清間の交渉が行われた結果、1689年清領と確定し(ネルチンスク条約)、城塞は撤去された。その後、1858~1860年に愛琿(アイグン)条約および北京(ペキン)条約によってふたたびロシア領となった。[木村英亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone