アレクサンデル1世(読み)アレクサンデルいっせい(英語表記)Alexander I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクサンデル1世
アレクサンデルいっせい
Alexander I

[生]?
[没]115頃/119. ローマ?
第6代教皇在位 109頃~116)。聖人。教皇エウァリスツス(在位 97頃~107頃)の後継者。在位中のことはほとんど知られておらず,教皇エウセビウス(在位 309/310)の証言だけが残されている。聖水ミサ用ぶどう酒に水を加える典礼を導入したとされ,典礼になんらかの追加を行なったと考えられる。ローマ皇帝トラヤヌス(在位 98~117)もしくはハドリアヌス(在位 117~138)の治世で断頭刑により殉教したという説もあるが,可能性は低い。ノメンターナ街道沿いに埋葬された 3人のローマ人殉教者の一人,アレクサンデルとは別人。看守だったクイリヌスとその娘バルビナは,アレクサンデル1世によって回心したと伝えられる。祝日は 5月3日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android