コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンデル1世 アレクサンデルいっせいAlexander I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクサンデル1世
アレクサンデルいっせい
Alexander I

[生]?
[没]115頃/119. ローマ?
第6代教皇在位 109頃~116)。聖人。教皇エウァリスツス(在位 97頃~107頃)の後継者。在位中のことはほとんど知られておらず,教皇エウセビウス(在位 309/310)の証言だけが残されている。聖水ミサ用ぶどう酒に水を加える典礼を導入したとされ,典礼になんらかの追加を行なったと考えられる。ローマ皇帝トラヤヌス(在位 98~117)もしくはハドリアヌス(在位 117~138)の治世で断頭刑により殉教したという説もあるが,可能性は低い。ノメンターナ街道沿いに埋葬された 3人のローマ人殉教者の一人,アレクサンデルとは別人。看守だったクイリヌスとその娘バルビナは,アレクサンデル1世によって回心したと伝えられる。祝日は 5月3日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アレクサンデル1世の関連キーワードシクスツス1世

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android