回心(読み)えしん

  • conversio
  • えしん〔ヱ〕
  • かいしん
  • かいしん〔クワイ〕
  • 回心/×廻心

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏教用語。誤った心を改めて仏道に帰依すること。小乗の心を改めて大乗の教えに帰依すること。浄土教では,特に,自力の心を捨てて念仏の教えを信じること。
宗教的意味で,罪人の神への帰還,平凡な生活からキリスト者の生活に転じること,あるいは不信迷信から信仰に改宗することをいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

仏教では〈えしん〉という。心の根本的な変化,転回によって信仰にはいること,またそれに伴う態度や行動の変化。特に急激な入信過程をいう場合が多いが,漸次的な場合もある。動機によって衝動的回心と意志的回心とに分かれる。19世紀にはいって宗教心理学はその心理的基礎を解明。スターバックやW.ジェームズなどの業績が著名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

漢語として元来,世俗的雑事,私的雑念にとらわれた心を改めて,本来あるべき道に帰向する心をもつようになることを意味したが,仏教語として声聞縁覚(しようもんえんがく)の小乗的な心を改めて大乗の仏道に向かう心をもつようになること,さらには懺悔して仏道に帰入することを意味するに至った。廻心とも書く。インド仏教においては同様な宗教体験が〈信解〉〈転依〉などの語によって表現されていたと考えられる。現代語においてはキリスト教的な回心(かいしん)conversionの意味で用いられることが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の回心の言及

【回心】より

…インド仏教においては同様な宗教体験が〈信解〉〈転依〉などの語によって表現されていたと考えられる。現代語においてはキリスト教的な回心(かいしん)conversionの意味で用いられることが多い。【荒牧 典俊】。…

【改宗】より

…前者は家族や職業などの要請にもとづき,共同生活を円滑に運ぶためにおこなわれる。後者は痛切な人生体験によって自己の属する宗教に疑問をもつことから生ずるもので,いわゆる〈回心〉に基づいてなされることが多い。西欧世界では,カトリックとプロテスタント相互の間で多くみられ,とくにカトリックから他派へ移る場合は棄教,離教,背教などと呼ばれる。…

※「回心」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

回心の関連情報