コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウセビウス エウセビウス Eusebius

2件 の用語解説(エウセビウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウセビウス
エウセビウス
Eusebius

[生]?. ギリシア
[没]309./310. シチリア
ギリシア出身の第31代教皇(在位 309/310)。聖人。教皇ダマスス1世(在位 366~384)が記したエウセビウス墓碑銘によれば,ローマ皇帝ディオクレチアヌス(在位 284~305)に迫害されて背教したキリスト教徒を教会へ復帰させるべきか,ローマで激しい論争が行なわれた際,背教者を告解の秘跡を受けさせずに教会に復帰させることを望む一派と対立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エウセビウス
えうせびうす
Eusebius
(263ころ―339)

キリスト教最初の教会史家。「教会史の父」とよばれる。パレスチナ、カエサリアの主教。ニカイア公会議(325)では、彼の神学的傾向(オリゲネス的従属論)からアリウスに同情しつつも、結局は「ニカイア信条」を承認し、のちにはその信条に反対するなど、つねにコンスタンティヌス大帝の政策を支持した。彼の立場は、大帝への迎合のそしりを受けながらも、教会によって統一された世界国家の実現を目ざしたものといえる。著作中で『教会史』と『年代記』とは、今日でも初代教会を知る貴重な史料であり、また、皇帝を地上における神の支配の模写とたたえた『コンスタンティヌス伝』も彼の作とされている。[菊地栄三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エウセビウスの関連キーワードギリシア悲劇ギリシャ正教ギリシャ文字ギリシャ正教会ギリシャ十字ギリシア棺謀殺事件ヘミリシアン岩ギリシア大統領官邸ギリシア喜劇Otto I(ギリシア王)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone