アレルギー性結膜炎(読み)あれるぎーせいけつまくえん

食の医学館の解説

あれるぎーせいけつまくえん【アレルギー性結膜炎】

《どんな病気か?》


 アレルギー結膜炎(けつまくえん)は、アレルギー反応によって目の粘膜(ねんまく)に炎症が起こった状態で、アレルギー性鼻結膜炎(びけつまくえん)とも呼ばれます(「アレルギー性鼻炎」参照)。目のかゆみ、流涙(りゅうるい)、めやに、異物感、結膜充血(けつまくじゅうけつ)、まぶたの腫(は)れなどの症状が現れます。なかでも、かゆみが特徴的で、アレルギー性鼻炎の症状をともなうことがしばしばあります。

《関連する食品》


〈カテキン、ケルセチンを含む緑茶パワー〉
○栄養成分としての働きから
 フラボノイドの一種のカテキンには、細胞の老化をうながす活性酸素の働きを抑制する働きがあり、やはりフラボノイドの一種ケルセチンには、毛細血管を丈夫にする働きがあります。緑茶をはじめ烏龍茶や紅茶には、この両方が含まれています。
 抗アレルギー作用のあるビタミンB6を含む食品には豚もも肉、レバー、サケ、サバなどがあり、免疫システムにも影響があるカロテンやレチノールを含む食品には、ホウレンソウ、コマツナ、カボチャやレバー、ウナギなどがあります。ギンナンに含まれるギンコライドにも、アレルギー改善の効果が確認されています。

出典 小学館食の医学館について 情報

世界大百科事典内のアレルギー性結膜炎の言及

【結膜】より

…一般細菌による結膜炎は,抗生物質の発達とともに少なくなり,経過良好のものが多い。アレルギー性結膜炎は,花粉やダニによるものがあり,季節的発生をみる。鼻炎とともに強いかゆみを伴う。…

※「アレルギー性結膜炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android