コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アロマセラピー

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アロマセラピー

植物から抽出した精油エッセンシャルオイル)を希釈して皮膚に塗ったりりをかいだりする欧州発祥の療法。人間が持つ自然治癒力を高めるとされ、抽出する植物によって鎮痛抗菌、脳のリラックスなど様々な効果があるとの研究成果が多数発表されている。100種類以上の精油が販売されている。

(2017-12-16 朝日新聞 朝刊 岐阜全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

アロマセラピー

アロマは芳香,セラピーは療法の意。香りで嗅覚を刺激し,心身をリラックスさせ,活性化させることによって,不調を治療する方法。 鼻から入ったにおいの粒子は,鼻腔内の嗅細胞で電気信号に変換され,脳の神経を刺激し,覚醒,催眠,鎮静などの作用をうながす。
→関連項目代替療法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

アロマセラピー【aromatherapy】

芳香性の物質を外用する治療・健康法。心理的作用が大きく、ストレスの緩和などに効果があるとされる。アロマテラピー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アロマセラピー

芳香療法」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アロマセラピーの関連キーワード日本アロマセラピー学会タラソテラピーエステティック男性更年期更年期障害渡名喜織恵PADAM麻生枝里統合医療渡辺智子島袋寛子北条ナオ秋間敬子平野実笳双葉ウミADAM入眠儀式刺激療法奥窪峰子健康法

アロマセラピーの関連情報