コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アロマセラピー アロマセラピーaromatherapy

翻訳|aromatherapy

4件 の用語解説(アロマセラピーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アロマセラピー(aromatherapy)

アロマテラピー

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アロマセラピー

アロマは芳香,セラピーは療法の意。香りで嗅覚を刺激し,心身をリラックスさせ,活性化させることによって,不調を治療する方法。 鼻から入ったにおいの粒子は,鼻腔内の嗅細胞で電気信号に変換され,脳の神経を刺激し,覚醒,催眠,鎮静などの作用をうながす。
→関連項目代替療法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

アロマセラピー【aromatherapy】

芳香性の物質を外用する治療・健康法。心理的作用が大きく、ストレスの緩和などに効果があるとされる。アロマテラピー。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アロマセラピーの関連情報