コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刺激療法 しげきりょうほうstimulation therapy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

刺激療法
しげきりょうほう
stimulation therapy

物理的 (光線,熱など) ,化学的 (毒素,薬物など) ,あるいは生物的 (血清,ワクチンなど) 刺激を与え,その反応によって生活機能や抵抗力の増大をはかる治療法。古くから広く使用されてきた刺激剤としては,カゼイン,自家あるいは異種血清,金コロイド,硫黄製剤などがあるが,精神科の臨床に用いられている電気ショック発熱療法,鍼灸,絶食療法なども刺激療法の一部である。さらに各種の物理療法それぞれの特異効果のほか,非特異的な刺激療法の意義をあわせもっていると考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しげき‐りょうほう〔‐レウハフ〕【刺激療法】

電気・温熱などの物理的刺激や鍼(はり)・按摩(あんま)などの機械的刺激、たんぱく体などの化学的刺激を与えて病気を治療する方法。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

刺激療法【しげきりょうほう】

化学的・物理的刺激を与えて,その反応による生活機能,抵抗力の増大を期待する治療法。一般に生物が,適度の刺激に対して,自己保全の目的をもって順応する現象を応用したもの。
→関連項目アロマセラピーリフレクソロジー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しげきりょうほう【刺激療法】

疾病に対する回復力を高めるため、人体に適度な物理的または化学的な刺激を加える療法。発熱療法・鍼灸しんきゆうなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

刺激療法の関連情報