コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刺激療法 しげきりょうほう stimulation therapy

4件 の用語解説(刺激療法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

刺激療法
しげきりょうほう
stimulation therapy

物理的 (光線,熱など) ,化学的 (毒素,薬物など) ,あるいは生物的 (血清,ワクチンなど) 刺激を与え,その反応によって生活機能や抵抗力の増大をはかる治療法。古くから広く使用されてきた刺激剤としては,カゼイン,自家あるいは異種血清,金コロイド,硫黄製剤などがあるが,精神科の臨床に用いられている電気ショック発熱療法,鍼灸,絶食療法なども刺激療法の一部である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しげき‐りょうほう〔‐レウハフ〕【刺激療法】

電気・温熱などの物理的刺激や鍼(はり)・按摩(あんま)などの機械的刺激、たんぱく体などの化学的刺激を与えて病気を治療する方法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

刺激療法【しげきりょうほう】

化学的・物理的刺激を与えて,その反応による生活機能,抵抗力の増大を期待する治療法。一般に生物が,適度の刺激に対して,自己保全の目的をもって順応する現象を応用したもの。
→関連項目アロマセラピーリフレクソロジー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

しげきりょうほう【刺激療法】

疾病に対する回復力を高めるため、人体に適度な物理的または化学的な刺激を加える療法。発熱療法・鍼灸しんきゆうなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

刺激療法の関連キーワード構造化学物性論薬物学労働環境化学的物理的理論化学生物化学分析ハザード(危害要因)物性化学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

刺激療法の関連情報