コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刺激療法 しげきりょうほうstimulation therapy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

刺激療法
しげきりょうほう
stimulation therapy

物理的 (光線,熱など) ,化学的 (毒素薬物など) ,あるいは生物的 (血清ワクチンなど) 刺激を与え,その反応によって生活機能や抵抗力増大をはかる治療法。古くから広く使用されてきた刺激剤としては,カゼイン自家あるいは異種血清,金コロイド,硫黄製剤などがあるが,精神科臨床に用いられている電気ショックや発熱療法鍼灸絶食療法なども刺激療法の一部である。さらに各種の物理療法もそれぞれの特異効果のほか,非特異的な刺激療法の意義をあわせもっていると考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しげき‐りょうほう〔‐レウハフ〕【刺激療法】

電気・温熱などの物理的刺激や(はり)・按摩(あんま)などの機械的刺激、たんぱく体などの化学的刺激を与えて病気を治療する方法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

刺激療法【しげきりょうほう】

化学的・物理的刺激を与えて,その反応による生活機能,抵抗力の増大を期待する治療法。一般に生物が,適度の刺激に対して,自己保全の目的をもって順応する現象を応用したもの。
→関連項目アロマセラピーリフレクソロジー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しげきりょうほう【刺激療法】

疾病に対する回復力を高めるため、人体に適度な物理的または化学的な刺激を加える療法。発熱療法・鍼灸しんきゆうなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

刺激療法の関連キーワードチェーン=ストークス型呼吸尿失禁とその対策ME(医用工学)仙骨神経刺激装置あんま(按摩)テレビン油低周波療法鍼灸医学民間療法便失禁DBS人体疾病振戦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刺激療法の関連情報