アンゴラ種(読み)アンゴラしゅ(英語表記)Angora

翻訳|Angora

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンゴラ種
アンゴラしゅ
Angora

偶蹄目ウシ科。アンゴラ地方原産のヤギの1品種。体の全体に長毛が生じて垂下し,特に頸や胴部の毛は非常に伸び地面に接する。現在では南アフリカ共和国,アメリカ,オーストラリアなどでも産する。体毛モヘアと呼び,長くて純白,絹繊維のような強い光沢を帯びる。感触はなめらかで柔らかい。夏服地,婦人服地,高級ビロード地,オーバー地,毛布,肩掛け,椅子張り用などに用いられる。

アンゴラ種
アンゴラしゅ
Angora

ウサギ目ウサギ科。カイウサギの1品種でフランス原産,イギリスで改良された毛用種。白色で 150mmもある絹糸様長毛を有し,服地やセーター用に適する。体重は 3kgぐらい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android