コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンゴラ種 アンゴラしゅAngora

翻訳|Angora

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンゴラ種
アンゴラしゅ
Angora

偶蹄目ウシ科。アンゴラ地方原産のヤギの1品種。体の全体に長毛が生じて垂下し,特に頸や胴部の毛は非常に伸び地面に接する。現在では南アフリカ共和国,アメリカ,オーストラリアなどでも産する。体毛モヘアと呼び,長くて純白,絹繊維のような強い光沢を帯びる。感触はなめらかで柔らかい。夏服地,婦人服地,高級ビロード地,オーバー地,毛布,肩掛け,椅子張り用などに用いられる。

アンゴラ種
アンゴラしゅ
Angora

ウサギ目ウサギ科。カイウサギの1品種でフランス原産,イギリスで改良された毛用種。白色で 150mmもある絹糸様長毛を有し,服地やセーター用に適する。体重は 3kgぐらい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンゴラ種の関連情報