コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンザス条約 アンザスじょうやくANZUS Treaty

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンザス条約
アンザスじょうやく
ANZUS Treaty

1951年9月1日にサンフランシスコで結ばれたオーストラリア (A) ,ニュージーランド (NZ) ,アメリカ (US) 3国の安全保障条約をいう。同月の対日講和条約調印に伴い,日本の再侵略に対する保障として,アメリカが他の2ヵ国と結んだもので,太平洋地域における3国のいずれかに対する武力攻撃に対して,共同の行動をとることを約束している。条約は無期限で,最高機関は3国外相から構成され,年1回開催される理事会である。ニュージーランドの非核政策の展開により,1985年以降その実質的な意義を低下させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンザス条約
あんざすじょうやく
ANZUS Treaty

正称はSecurity Treaty between Australia, New Zealand and the United States of America。オーストラリア、ニュージーランドおよびアメリカ合衆国の軍事同盟条約。1951年9月1日にサンフランシスコで調印され、翌1952年4月29日に発効した。3国の頭文字により、一般にアンザス条約とよばれる。この条約には、太平洋地域における集団的自衛権の行使や、条約実施のための理事会の設置などが規定されている。条約締結時には、対日講和条約締結後の日本の脅威に備えるというオーストラリアとニュージーランドの意図もあったが、実際にはこの条約は、アメリカの意図に従い、アメリカ・フィリピン相互防衛条約、日米安全保障条約などとともに、太平洋地域におけるアメリカを盟主とする反共軍事同盟の一環をなしてきた。ところがこの条約は、1984年のニュージーランドによる非核政策採用以降、理事会開催の無期延期、アメリカによるニュージーランド防衛義務停止表明などによって、事実上、アメリカとオーストラリアとの二国間条約となっている。2001年オーストラリアは、9月の同時多発テロに対応して、アンザス条約を初めて発動するなどして、アメリカを支援した。[佐分晴夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アンザス条約の関連キーワードオセアニア史(年表)北大西洋条約機構冷戦史(年表)マルドーンメンジースフレーザー第7艦隊ロンギ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android