コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンザス条約 アンザスじょうやくANZUS Treaty

2件 の用語解説(アンザス条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンザス条約
アンザスじょうやく
ANZUS Treaty

1951年9月1日にサンフランシスコで結ばれたオーストラリア (A) ,ニュージーランド (NZ) ,アメリカ (US) 3国の安全保障条約をいう。同月の対日講和条約調印に伴い,日本の再侵略に対する保障として,アメリカが他の2ヵ国と結んだもので,太平洋地域における3国のいずれかに対する武力攻撃に対して,共同の行動をとることを約束している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンザス条約
あんざすじょうやく
ANZUS Treaty

正称はSecurity Treaty between Australia, New Zealand and the United States of America。オーストラリア、ニュージーランドおよびアメリカ合衆国軍事同盟条約。1951年9月1日にサンフランシスコで調印され、翌1952年4月29日に発効した。3国の頭文字により、一般にアンザス条約とよばれる。この条約には、太平洋地域における集団的自衛権の行使や、条約実施のための理事会の設置などが規定されている。条約締結時には、対日講和条約締結後の日本の脅威に備えるというオーストラリアとニュージーランドの意図もあったが、実際にはこの条約は、アメリカの意図に従い、アメリカ・フィリピン相互防衛条約日米安全保障条約などとともに、太平洋地域におけるアメリカを盟主とする反共軍事同盟の一環をなしてきた。ところがこの条約は、1984年のニュージーランドによる非核政策採用以降、理事会開催の無期延期、アメリカによるニュージーランド防衛義務停止表明などによって、事実上、アメリカとオーストラリアとの二国間条約となっている。2001年オーストラリアは、9月の同時多発テロに対応して、アンザス条約を初めて発動するなどして、アメリカを支援した。[佐分晴夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アンザス条約の関連キーワード社会福祉法電気事業ラジオ放送日本航空モロイコルタサルシプトンフライ液体不混和エピユー地向斜

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンザス条約の関連情報