コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンズ(杏) アンズ Prunus armeniaca; apricot

3件 の用語解説(アンズ(杏)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンズ(杏)
アンズ
Prunus armeniaca; apricot

バラ科の落葉高木。中国原産で,広く果樹として栽培され,カラモモの別名がある。葉,花ともにウメに似ているが,花期はやや遅く花色も淡紅色である。果実は長さ3~6cmの楕円形で赤黄色,橙黄色,レモン色などに熟する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アンズ(杏)【アンズ】

バラ科の落葉小高木。東アジア原産。日本には,古く中国より渡来し栽培された。全国的に分布しているが,主産地は長野。3〜4月,スモモよりやや大きな紅紫色の花を枝いっぱいにつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アンズ【アンズ(杏) apricot】

バラ科の落葉高木で中国原産の栽培歴の古い果樹(イラスト)。花も美しい。ヨーロッパへは1世紀ころ中央アジアを経て伝わり,改良されて欧州系品種群がつくられた。アメリカカリフォルニア州へは18世紀に伝わり,ここが現在では世界一の産地となっている。日本への渡来は古いが,その時代は明確ではない。現在の主産地は甲信越東北地方である。長野県更埴(こうしよく)市の森・倉科地区や,長野市安茂里(あもり)・松代地区はアンズの里として有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアンズ(杏)の言及

【アンズタケ(杏茸)】より

…主に針葉樹林内に生える担子菌類ヒダナシタケ目アンズタケ科のキノコ(イラスト)。全体に卵黄色,美しく風味すぐれた食用菌である。…

【有毒植物】より

ドクゼリに含まれるシクトキシンも同様の作用を発揮する。バラ科のアンズ,ウメ,モモなどの種子はアミグダリン,マメ科のライマメ,イネ科植物などはリナマリンなどの青酸配糖体を含有し,腸内細菌の働きで青酸を遊離する結果,チトクロム酸化酵素の活性を阻害し呼吸を止めてしまう。 以上のような有毒植物に対しワラビのプタキロサイドやソテツのサイカシンなどにはいずれも,長期の摂取による発癌性が認められている。…

※「アンズ(杏)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アンズ(杏)の関連キーワードトウカエデ西洋実桜頭巾薔薇実海棠洋梨和林檎セイヨウナシシジミバナベニシタンモッコウバラ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone